FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2019年01月24日

朝日新聞のアベガー鮫島、「一方的に公表し喧嘩を仕掛けたのは安倍政権」という“布教活動”

← 応援クリック、ありがとうございます。

 南朝鮮軍合同参謀本部のソ・ウク作戦本部長という人物が、昨日、突如緊急記者会見を開き、「日本の哨戒機がわが海軍の艦艇を明確に識別した状況にもかかわらず、距離約540メートル、高度約60~70メートルの低高度で近接威嚇飛行した」とし、「明確な挑発行為」と非難した。また、今年1月18日および22日にも南鮮の艦艇に近接威嚇飛行を行ったといい、「日本の底意を疑わざるを得ず、強く糾弾する」と語った。

 タイミングとしては出来過ぎだ。ダボス会議という国際会議が行われている最中で、各国による首脳会談、外相会談が開かれているなかでの発表だ。日本との情報戦に後れを取る南鮮が、国際社会の注目が集まる中で仕掛けた開き直り戦術だろう。嘘も百回言えば本当になると、信じ切っているようで、そういうローカルルールを国際社会に持ち出すメンタリティは、我々の想像を遥かに超える。

南朝鮮軍合同参謀本部のなんとか作戦本部長


 この発表に対する最も明確な反論は、防衛相関係者による「今の状況で定められた基準より接近するバカはいない」というコメントで十分だろう。そして、この批判には物証がない。南鮮は、12月のレーダー照射事案の日本に反論する宣伝映像でも、自前の映像はたった10秒足らず。それ以外の“尺”は、日本防衛省が発表したもののパクリで埋めた。仮に1月18日に接近飛行があったとするなら、それが繰り返される可能性を見込み、記録映像を取る準備をするのが普通だ。ところが、昨日の“近接威嚇飛行”なるものを含め、証拠の映像なり画像なりは一切出てこない。彼らはただ「言ったもん勝ち」を狙っているに過ぎない。

 南鮮がこういう痛々しい姿を国際社会に自ら晒し続ける中、日本側の対応を批判する場合、それなりの説得力が要求される。しかし、そこは「アベガー」だ。どうやっても理解不能なことで、安倍政権の対応を批判しようとする。恰好のサンプルが、これだ。


 拙ブログでも度々取り上げている朝日新聞の鮫島浩である。

鮫島浩


 鮫島は、南鮮に対し、一方的に喧嘩を仕掛けたのは日本だと言っている。彼は一体何を見てきたのか。喧嘩を仕掛けた者とは、我が国のEEZで警戒監視活動を行う哨戒機に、火器管制レーダー照射を行った南鮮海軍をおいて他に存在するのか。鮫島は、もしそういった事案があっても、公表せずに水面下でケリをつけろと言いたいのかもしれない。しかし、自国民の命が危険にさらされたことまで非公開にする国家なら、それは国家としての体を為していない。「ハナから国内の反韓世論を煽る狙いだった疑い」というのも、憶測以外の何物でもなく、別の言い方をすれば単なる“鮫島の願望”に過ぎない。

 鮫島は炎上商法には長けているようで、つい先日も「厚労省の医師から「予防接種はしない方がいい。俺は受けたことない。お金払って受けるなんて信じられない」と聞いたことがある」とツイートし、炎上した。彼がやっているのはジャーナリズムでもなんでもなく、「布教活動」ということばが最も適切だ。

 マスメディアに席を置く人物がSNSをやる場合、「発言は、必ずしも所属するメディアの立場を意味しない」という注意書きをよく見かける。しかし、報道で世論に少なからず影響を与える立場の人物は、必ずしも所属会社の立場を意味しないとしても、発言には一定程度の責任は求められる。こういうくそツイートを垂れ流すメディア人は、社会にとって害でしかない。

安倍政権と一体化して反韓を煽ったマスコミは最後まで真相追及する義務がある


 それを言うなら、事実に反する記事を垂れ流し、国家間関係を破壊し、日本と日本人の立場を貶め続けてきた朝日新聞こそ、訂正記事や謝罪を含め、最後まで責任を負う必要があるのではないか。

 鮫島よ、自分自身に問うてみよ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/01/24 07:07 ] メディア | TB(0) | CM(10)
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ