FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2019年01月16日

日本は「無礼で非紳士的」という批判は、南鮮が事実の確定を恐れている証拠だ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 南鮮のことばかり書くとブログが腐ると思いつつ、日々の怒りや憤りが過ぎて、本日もまた南鮮関連のエントリーである。

 南鮮は15日に防衛白書を刊行したが、その中での日本の記述から、「自由民主主義と市場経済の基本価値を共有している」という過去の白書にあった文言を削除したそうだ。なんともチープな反応である。これは、悪化の一途を辿る日韓関係を象徴した変化だが、かねてより日本の外交青書等で明らかとなっていた南鮮の格下げに対する対抗策であるとすれば、反応が遅すぎると言わざるを得ない。結局、感情的に反応しただけなのだろう。一方で、北朝鮮の記述では、これまで記載されていた「北朝鮮は敵」という文言を削除したそうである。

 こと日本に対しては異常なまでに意地を張る南鮮のことだから、我が国の海自P1哨戒機への火器管制レーダー照射事案では自国が100%悪いと分かっていても、その過ちを認められない。これは歴史が証明していることで、自国にとって都合が悪い歴史は、その上から物語を被せ、彼らはそれを歴史とする。だから彼らが信じる歴史には、いたるところで嘘が散りばめられていて、事実の検証などは無用なのである。

 昨日、日韓防衛当局間でレーダー照射に関する協議が行われたが、南鮮国防省は記者会見において、「日本はわが軍艦のレーダー情報全体について(開示を)要求した。受け入れが難しく、大変無礼な要求だ。事態を解決する意思がない強引な主張だ」とし、「日本がこのように非紳士的な行動を続けていることに対し、深い遺憾の意を表明する」と語ったそうだ。北朝鮮から「敵国」といいう属性を取り払った現在、彼の国にとっては我が方が敵国扱いなのだろう。

南鮮国防部報道官


 事実の究明は、データの照合が不可欠である。デジタルデータを突き合わせれば、起きたことはほぼ確定するはずだ。その提案に対し、いきなり居丈高に「無礼」だとか「非紳士的」という批判を叫ぶということは、事実の究明が彼らにとって都合が悪いのだと解釈する以外にない。自国の歴史は嘘で塗り固めることができるが、日本が当事者のひとりとして登場し、事実を証明できる根拠を持っている場合、その嘘は不完全なものとなる。結局、彼らは事実を確定することが怖いのではないか。

 南鮮側がこんな調子だから、協議はいつまでやっても平行線をたどるだろう。いわゆる出稼ぎ売春婦に関する日韓合意は、米国の圧力もあって合意に落ち着いたと想像するが、今回はバイの協議だ。折り合うことなど、期待しない方がいい。不誠実な対応を続けるなら、半島出身出稼ぎ労働者の判決にかかわる対応とひっくるめて、制裁すればいいだけのことだ。自民党の青山参議院議員は、この事案を国連安保理に持っていくべきと主張したというが、それも一つの妙案だ。

 出稼ぎ工問題にしても、日本が協議を要請し、回答の期限を30日で切ったことを、青瓦台は声高に非難している。彼らは「回答するかどうかもわからぬ」と言っているそうだ。競技の要請は条約で定められていることで、日本はその条約に則った形で実行に移しているだけの話。彼らは条約に取り決めがあっても、それを守るかどうかはわからないと言っているのだ。そんな相手に、協議などできるはずもなし。

 どの問題に関しても、日本は手順に則り、南鮮側に要求を突きつけていけばよい。彼らがその要求を拒否したとき、審判の舞台は二国間でなく、国際社会となる。その場で、彼らに「国家的な赤っ恥」をかかせてやればよい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/01/16 07:08 ] 外交 | TB(0) | CM(6)
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ