FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2018年12月28日

レーダー照射 ~ 信憑性が乏しい南鮮の見解と日本のそれを同列に語る朝日新聞の愚

← 応援クリック、ありがとうございます。

 待ってましたと言うべきか。朝日新聞が27日、社説「日韓防衛摩擦 不毛な悪循環を避けよ」で、南専海軍の海自哨戒機へのレーダー照射事案を引き合いに、両国関係の悪化について取り上げた。日本より南朝鮮の国益を重視する朝日としては、窮地に立っている南鮮のために何を書くかを注目していたが、内容はほぼ想像通りだった。

 自衛隊と韓国軍の日本海での活動をめぐり、日韓両政府が言い争いをしている。韓国の艦艇が海上自衛隊の哨戒機に射撃用のレーダーを照射したと、防衛省が発表した。
 攻撃の直前に狙いを定めるための行為であり、不測の事態を招きかねないと、日本側は抗議した。一方、韓国側はレーダー照射を否定したうえ、一方的な発表だと反発している。
 結果的に大事にいたらなかったのは何よりだが、日韓で主張が食い違い、事実関係すら一致しないのはどうしたことか。
 まずは、事実の究明を冷静に尽くさなければならない。当局間の協議で再発防止策を確認するとともに、両国関係全般への悪影響を防ぐために早急に事態の沈静化を図るべきである。


 まず、この社説の特徴は、極めて第三者的に事案を見ている点だ。第三者的にというと聞こえが良いように思われるかもしれないが、要するに日本政府の見解を支持していないということ ―― レーダー照射の事実を認めていないのである。この事案にかんしては、産経新聞がいち早く、23日に「射撃レーダー照射 韓国は過ち認め謝罪せよ」という社説で「韓国の政府と海軍は過ちを正直に認めて責任者を処分し、日本に謝罪すべきである」と書いた。読売は26日、「レーダー照射 韓国は日本の疑念に応えよ」という社説で、事実として断定はしていないものの、「韓国政府は、原因を解明し、丁寧に説明しなければならない」と書き、南鮮への説明を求めている。

 それら2紙と朝日の社説が本質的に全く異なるのは、双方の主張を並べ、「事実の究明を冷静に尽くせ」と対等に扱っている点だ。普通なら、南鮮側の釈明が、北朝鮮船舶の捜査に火器管制レーダーを使用したと言ってみたり、レーダーは使用しておらず、カメラを向けたと二転三転していることだけでも、彼らの釈明に信憑性は皆無だ。とてもじゃないが、日韓両政府の見解を対等に扱うこと自体に無理があるように思える。むしろ、防衛省の発表を信用している、いない以前に、南朝鮮にとって不都合なことは書けないのではないか、とさえ思わせる文章だ。

朝日新聞


 日韓がともに向き合う防衛上の問題はまず北朝鮮であり、米国をまじえた3カ国の連携は死活的に重要である。その現実のなかで無用な摩擦を生むのは、不毛というほかない。
 それでなくとも日韓関係は歴史問題を常に抱えており、いまは戦時中の徴用工らの裁判の確定判決が焦点になっている。
 従来の日韓両政府の立場とは異なる判決が出たことで、両政府は外交問題に発展させないための方策を模索している。
 そんな中だけに、世論のナショナリズムを高めるような言動は慎むのが賢明だ。


 朝日は、今の両国間の関係にあるのは「無用な摩擦」だとし、それを「不毛」だと言っている。だが、摩擦には必ず原因があり、その原因を作ったのは南朝鮮であって、日本ではない。そもそも、日本との間接的な同盟関係を重要視するなら、先の観艦式で「入港するなら旭日旗を掲揚するな」とした南鮮海軍の要求は非常識であり、不毛な摩擦の原因だろう。いわゆる徴用工問題にしても、条約まで反故にし、ナショナリズムが司法判断まで左右してしまうのだから、摩擦が起きないわけがない。

 今後も隣国ゆえの大小のトラブルは起きるだろう。
 大切なのは、常に意思疎通を深めて問題の発生を防ぐとともに、万一、ことが起きた際の対処法をしっかり取り決めておくことである。


 南鮮との意思疎通が不可能なのは、南鮮側自身が証明している。竹島の領有権について、具体的な証拠を求めた日本の領土議連に対し、質問状をそのまま突き返してきた南鮮国会議員がその典型ではないか。司法判断が条約までちゃぶ台返しにする国と、どのような「対処法」があるのか。朝日新聞に聞いてみたいものだ。

 パートナーであるべき関係なのに、なぜこんな危険な状況に陥ってしまったのか。


 朝日の社説はこの一文で始まる。日韓両国をそのような状況に陥る端緒となった原因のひとつが、朝日新聞の“数々の”捏造報道なのだ。拙ブログによる、この唾棄すべき新聞社への批判は、来年も続く。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/12/28 07:09 ] 政治 | TB(0) | CM(13)
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ