FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2018年12月27日

日本の領土議連の竹島公開質問状を無言で返送する南鮮議員の非礼

← 応援クリック、ありがとうございます。

 何度か書いているが、拙ブログでは朝日新聞を「宗教新聞」であると定義している。彼らの批判を年に100回ぐらい(笑)書いているが、彼らがその批判に聞く耳を持ったり、改善しようと努力する、ひいては経営方針、編集方針を変えるということは期待しない方がいいと思っている。何故なら、それらは朝日が宗教を捨てることを意味し、そうなったら新聞としても会社としてもアイデンティティをなくすからだ。

 だから、朝日関連の人物からは宗教じみた発言が繰り返される。これも、何度か書いている鮫島浩という朝日の記者のツイートだ。


 なんと、いま世間で話題となっている南鮮海軍のレーダー照射が、事実ではないというのだ。まぁ、この鮫島は、北朝鮮のミサイル発射で、東京メトロ他の交通機関が、安全確認のために電車をストップさせた際、「政権の意向は働いていないのか、それとも忖度か」と発言した人物だ。いまさら何をツイートしても驚かないが、彼にとっては「安倍政権は常に間違っている」、「政権は批判されるべきもの(=政権批判が仕事)」だという前提があるから、事実を事実として認められないのだろう。こういう歪曲した視点でしか物事を観られない記者が書く記事が、公正であるはずがない。こういう新聞を有難がって読む人々が哀れに思えてならない。

 安倍政権にとって、南鮮がレーダー照射をしたと批判することで得る特はない。第一、政権が嘘の情報を流布して敵を作るという手法で求心力を高めてきたのは南鮮の指導者たちである。日本政府にとって、嘘やプロパガンダで他国を批判するリスクを取る理由もなければ、そうする必要すらない。むしろ、鮫島や朝日が批判すべきは、レーダー照射を受けた事実を政府判断で公表しなかった民主党政権ではないのか。鮫島の理解は、南鮮政治家やメディアの「安倍政権の陰謀」という説と見事にマッチする。朝日やその記者が国籍を問われる所以だ。

 朝鮮半島からは聞こえてくるのは嘘やプロパガンダくらいなものだが、南朝鮮という国は礼儀ということすら知らない。

領土議連の公開質問状を韓国が返送 (産経)

 超党派の「日本の領土を守るため行動する議員連盟」の新藤義孝会長(自民党)は25日、国会内で記者会見し、10月22日に竹島(島根県隠岐の島町)に上陸した韓国の国会議員13人に対し送付した公開質問状について、韓国側の回答はなく、12通が返送されたことを明らかにした。

 議連は、韓国側が竹島を自国領と主張する根拠など5項目を問う質問状を11月9日に発送したが、同月26日にまとめて戻ってきた。1議員分は含まれていなかった。新藤氏は「非常に残念だ。外交は死んだも同然の状態だ」と述べた。


 新藤氏らが送った公開質問状を入れた封筒は、送った13通のうち、10通は封が開けられただけで送り返され、2通は封筒すらなく質問状だけが返送されたという。「独島(ドクト)は我が領土」と勇ましく叫ぶが、その根拠を問われて回答を拒否するだけでも失礼だが、開封しただけ、もしくは開封もせずに返送してくる非礼。

返送されてきた竹島質問状


 質問状が戻ってきた11月26日というのは、島根県内の中学校に対して、南鮮の女子中学生たちが、竹島について「韓国領だ」「日本の教科書はうそを教えている」など、41通の手紙を送りつけてきた日と、奇しくも同じ日だったそうである。新藤氏は、中学生をも情報戦やプロパガンダに使う非常識にはあえて触れず、「南鮮国会議員は中学生を見習え」と突き放した。

 加えて新藤氏は、こう語っている。

「他国の領土を掠め取るようなこと、占領することが許されるわけがない」と述べた上で、「韓国に対して粛々と客観事実を積み上げながら、議論をしていく。私たちはその準備を120%持っています。日本政府も持っています。韓国はそれに対して0%で対応してくる。そのテーブルにのってしまえば勝てない。だからあらゆる情緒に訴え、いろいろな行動をしながら、そのテーブルをいかに作らせないかという(ことをしている)。この不毛な活動は、私はどこかで必ず無理が、ほころびが起きると思う」


 まさしく本質をついた説明だ。南鮮側は議論しない。議論はせずに、一貫して日本が悪い、日本が間違っていると言う。南朝鮮の反日も、朝日と同じ宗教なのだ。

 竹島不法占拠の問題があるから、ありとあらゆる手で彼らを締め付けないとならない。だが、本心で言えば、南朝鮮という国とかかわりあうことは、いい加減、御免こうむりたい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/12/27 07:08 ] 外交 | TB(0) | CM(11)
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ