FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2018年12月25日

玉城デニーが画策した県民投票、8市町に拒否される(失笑)

← 応援クリック、ありがとうございます。

 南朝鮮の言うことは、一日経ったらいとも簡単に変わると書いたのは一昨日。そして昨日、早速その凡例が出てきた。

韓国国防省「レーダー照射せず」 日本側「証拠ある」 (FNN)

韓国軍の艦艇から、自衛隊機に射撃管制用のレーダーが照射されたと防衛省が抗議した問題で、韓国国防省は24日、「レーダーは照射していない」と反論した。
この問題は、12月20日に日本海の上空で、韓国軍の駆逐艦が海上自衛隊のP-1哨戒機に対して、攻撃の前段階である射撃管制用レーダーを照射したと防衛省が発表したもの。
韓国国防省は21日、「当時、遭難した北朝鮮船舶を捜索するためにレーダーを使用していて、それが照射された可能性がある」と説明していた。
しかし、韓国国防省は24日の会見で、「哨戒機に対して射撃管制用レーダーは照射していない。哨戒機が駆逐艦上空に異常接近したので、カメラで撮影しただけだ」と反論した。
日本の防衛省関係者は、FNNの取材に対して、「われわれには、電波照射を受けたという証拠がある。素直に謝れば、こんな問題にはならない」としており、双方の主張は対立している。(以下、略)


 まさに日替わりの公式アナウンスだ。南鮮は一昨日まで、北朝鮮船舶を捕捉するためにすべてのレーダーを使用したとし、火器管制レーダーも船舶捜査が目的であり、日本の哨戒機を狙ったものではないと公式に発表していた。ところが、昨日、この公式発表を覆し、レーダー照射ではなくカメラで撮影したと見解を180度変えた。

 いったいどうやったら、5分間もの間、カメラでその類のレーダー波を発することができるのだろう。日本側は証拠があると示唆している。恐らく、「証拠を公表し、レーダー照射が確定する前に事実を認め、謝罪したほうがいい」という配慮から、証拠はまだ示唆の段階にある。だが、南鮮側がこういうその場凌ぎの釈明を繰り返せば、その証拠は国際社会に向けて公表されることになるだろう。傷を深めているのは南鮮自身だ。ロシアなら、この駆逐艦の船長はシベリア送りだ。中共とて、似たような扱いになるだろう。ボールは南鮮側にある。

 南朝鮮が敵国として定義されつつある状況下で、島嶼防衛を含めた日本の安全保障体制は、更に強化されなければならない。東アジアの防衛線が、38度線から日本海の対馬あたりまで降りてきたという現実を、国家としても国民としても認識し、国防を強化すべき時である。だが、沖縄では全く逆の動きが、玉城デニー県知事手動で展開されようとしている。

 それが、名護市辺野古の新基地建設の賛否を問う県民投票を実施しようというものだ。知事選の勝利で勢いづき、嵩にかかっている玉城は、一気呵成に反基地運動を盛り上げようと画策している。県民の意思は、県知事選で一応は出ているのだから、今更県民投票など無意味であり、沖縄県民が納めた税金の究極的無駄遣いだといえる。

 その玉城の策略に、県下の複数の市町が反旗を翻した。まず、宮古島市の下地敏彦市長が18日、県民投票実施のための予算を執行せず、県民投票を実施しない意向を明らかにした。下地市長は「普天間飛行場の今後の方向性を示さない今回の県民投票は、宜野湾市民の生命の安全と財産の保全が置き去りになる」と指摘し、辺野古への移設についても「国全体に関わる問題は国会の場において議論をし、国全体としての意思を決定すべき」として、今回の県民投票は「そぐわない」と強調した。まさに正論である。

 その後、沖縄市、糸満市、うるま市などが続き、石垣市も今日25日開く本会議で、県民投票を実施する補正予算案を否決する可能性がある。また、普天間を抱える宜野湾市も補正予算を否決した。この補正予算案を否決、または削除した市は、24日までで8市町になるという。

玉城デニー


 これに青ざめたのは、玉城デニーはもとより、沖縄の反日メディアだ。沖縄タイムスは、「[県民投票「実施せず」]住民の投票権奪うのか」という社説で、「自治体が住民の生活を守る立場から、国に過重負担の軽減と公平・公正な扱いを求めるのは当たり前のこと。全国の米軍専用施設の約7割が沖縄に集中しているだけになおさらである」と、また「まやかしの7割」を持ち出している。県民の意思を御旗に基地反対運動を展開してきたのが玉城と沖縄メディアである。ならば、市民の意思の代弁者である市議の判断は民意を反映していないと言えるのか。

 沖縄県民の意思は大切だが、国家の安全保障は、県民単位ではなく国民単位の問題である。8市町プラスアルファは、玉城陣営の誘導に、真っ向から抗うべきである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/12/25 07:08 ] 政治 | TB(0) | CM(5)
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ