FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2018年12月24日

謝罪しない、日本側に責任を擦り付ける南鮮に「体で覚えさせろ」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 日本と南朝鮮の国家間関係は、必ずしも安定した友好を保ってきたわけではなく、常にギクシャクしたものだった。しかし、そんな国家間関係にあっても、軍関係にだけは信頼関係があるとされてきた。しかし、そのある種の安定剤もなくなったことを示す具体的な例が、南鮮海軍の自衛隊哨戒機に向けたレーダー照射事案である。

 南鮮側は釈明に必死だが、その内容は、一日経ったらいとも簡単に変わる。当初、南鮮側は火器管制レーダーの使用目的を「北朝鮮の船を捜索するため」としていた。しかし、船を捜索するために上空の飛行体を照射すること自体が無理筋で、釈明は破綻している。しかも、日本側の抗議が予想以上に強いものだと分かった途端、その責任を日本側に擦り付ける「いつもの手法」を繰り出している。

日本哨戒機接近し撮影用光学カメラ稼働 ビーム放射はせず=韓国軍 (聯合)

 韓国軍関係者は「遭難した船舶を見つけるため人道主義的な作戦を行ったと説明し、日本もその内容を知りながら問題提起を続けることは理解できない」として、「公海上で韓国海軍の活動を制約する意図ではないかと疑われる」と述べた。

 当時、日本の哨戒機は韓国艦艇の上空を飛行するなど、むしろ「威嚇飛行」を行っていたという。韓国軍関係者は「日本の哨戒機は艦艇が捜索救助作戦を始めてからしばらく後、接近してきた」として、「艦艇の上空を飛行するなど、むしろ威嚇的だった」と伝えた。(抜粋)


レーダー照射


 もうお馴染み過ぎて、怒りを通り越し、呆れ、苦笑いしか出てこない。彼の国はいつもこうなのだ。いわゆる慰安婦日韓合意は、この問題が最終的かつ不可逆的に解決したことを両国が国際社会に向けて宣言したものだったが、文在寅政権が反故にした。合意事項をすべて履行している日本が抗議すると、「心からの謝罪が必要」と責任を日本に擦り付ける。

 いわゆる徴用工問題においても、文政権が南鮮司法を使って、日韓基本条約と請求権協定をちゃぶ台返しをはかっている。我が国の反発が強まると、青瓦台は「日本側の反応は異常」とし、加えて「知恵を出せ」と要求する。今回のレーダー照射事案も同じで、南鮮国防部はレーダー照射の事実を認め、国際社会ではそれが非常識な行動だとの共通認識があるため、「日本の哨戒機が威嚇的な飛行を行った」と、責任を擦り付ける。

 青瓦台は何があっても日本に謝罪することはない。長い年月をかけて、そういう反日世論を形成してきたため、その呪縛から逃れられないのだ。しかし、謝罪できない相手に「じゃあ今回は多めに見てやる」と言い、責任を問うて来なかったのが今までの日韓関係であり、その関係が南鮮の無作法や傲慢の原因となっていることを、もうそろそろ理解すべきではないか。

 今後も南朝鮮のこうした無礼は繰り返されるだろう。日本が「遺憾」で済ませれば、同じことの繰り返しだ。武力は使用できないから、武力以外の制裁で、南鮮側に「体で覚えさせる」しかない。ビザ免除の撤廃、投資の凍結、部品供給の停止など、税金を投入してでも制裁を実施すべきだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/12/24 10:10 ] 外交 | TB(0) | CM(6)
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ