FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2018年11月21日

北方領土問題で、解決のハードルを上げるメディアと野党

← 応援クリック、ありがとうございます。

 産経新聞が世論調査結果を発表したが、支那を「信頼できない」と答えた人が79.8%と圧倒的だったのに対し、南朝鮮を信頼できないと答えた人が71.6%と、支那に肉薄しているという。無理もない。どこをどう解釈しても、南鮮に「信頼」ということばは成り立ちようがない。彼の国のやることなすことは、好んで日本に嫌われようとしているという意味しか持ちえない。国家間合意や条約の破棄にも等しい愚行を重ねれば、この71.6.%は増加の一途を辿るだけだ。

 ただ、調査結果にはもっと興味深いものがある。北方領土問題に関するもので、産経はこう報じている。

 今回の調査では、安倍内閣支持層で60.1%、不支持層では65.0%が「四島すべての返還を求めるべき」と答えた。「2島先行」や「2島プラスアルファ」の方向で交渉が進めば、世論の反発を招く可能性もある。


 「4島一括返還」という方向性は、安倍政権支持層よりも、不支持層による主張が強いのだ。この結果に関して、総理の外交アプローチを政権支持派が容認しているという安直な解釈でやり過ごすのは簡単だ。それより、内閣不支持層が意図的にハードルを上げていると見るべきではないのか。

 分かり易いのが、枝野幸男の主張である。

立憲・枝野氏「4島の主権、絶対に譲ってはいけない」(朝日)

■立憲民主党・枝野幸男代表(発言録)
(ロシアとの北方領土交渉について)大事なことは、これは国家主権の問題だ。4島が歴史的にも法的にも日本固有の領土であるという主張は、どういう取引がもちかけられても変えてはいけない基本だ。不当に占拠していても時間が経てば取引に応じて半分くらいよこすんだ、なんていう前例をつくってしまったらとんでもないことになる。国を売るような話だ。 (以下、略)

枝野


 枝野が遣えた菅政権においては、菅直人が北方領土返還集会で「昨年11月のメドベージェフ・ロシア大統領の国後島訪問は、許し難い暴挙だ」と声高に非難し、ロシア側がヘソを曲げた過去がある。言っていることは間違っていないのだが、外交センスの欠片もない発言としか言いようがない。

 それにしても、国を売る政党の代表が売国を語るという、笑えないお話だ。過日、「日本で最も楽な職業は野党だ」と書いたが、そういう商売をしている人は、政権を批判していれば仕事になるのだから、気楽なものである。「まっとうな政治」というキャッチフレーズが聞いて呆れるほど、彼らにとって政権批判が仕事になってしまっているため、安倍総理が得意の外交分野で失敗することを望んでいるだけなのだろう。だから意図的にハードルを上げる。政権不支持層に四島絶対返還論が多いのは、そのような背景があると、私は見ている。

 安倍総理が北方四島の主権を放棄すると発言すれば、私も容赦なく安倍総理を批判する。しかしいまのところ、安倍総理が2島返還だけで、しかも主権、帰属問題を棚に上げて平和条約を結ぶと言った事実はない。現時点での情報は、報道が先走っている感が否めない。ロシア側は、「主権はロシアが留保する」などと強気な発言を繰り返しているが、これらは交渉を有利に進めるためのジャブではないか。この手の挑発による、日本国民の反応を見ているとさえ思われる。国民が四島一括返還を求める声を絶やしてはならないのは、こういう挑発に対抗するためでもある。

 ポスト安倍の人材不足を考慮すれば、現実的に見て、北方領土問題は安倍政権の下でしか進展または解決しえないだろう。問題はその解決の仕方で、四島の帰属という課題をクリアできれば、二島先行返還は飲みやすい。そのうえでロシアと平和条約を結べば、日本は防衛を支那と朝鮮半島に集中できる。ロシアとて、これ以上の国際社会からの孤立や制裁は耐えられないだろうから、日本に軍事的ちょっかいをかけることはないと思われる。

 二島返還のみで交渉が終決してしまった場合、安倍政権は批判にさらされるだろう。このシナリオはメディアが既に準備しているはずで、前述の枝野の発言の通り、メディアはスクラムを組んで、安倍政権を批判する。当然ながら、来る参院選で自民党は勝てず、憲法改正も夢のまた夢だ。北朝鮮もこのプロセスを注視しており、中途半端な妥協は、拉致問題の解決にも影響を及ぼす。「2、3人返しておけばいい」となれば、政権は将来に禍根を残すことにもなる。

 安倍官邸がそれらのリスクを考慮に入れていないはずはない。展開にはまだまだ先があると、私は見ている。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/11/21 07:09 ] 外交 | TB(0) | CM(16)
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ