FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2018年11月15日
月別アーカイブ  [ 2018年11月 ] 

日本で最も楽な職業は「野党」である

← 応援クリック、ありがとうございます。

 BTSの騒動で、彼らの事務所が公式フェイスブックとファンクラブのサイトで謝罪文を掲載した。内容はもっともらしいことを書いているが、後付けの口実という感が否めない。最も重要な点は、この謝罪文が事務所によるものであって、BTS本人らのものではないことだ。彼らは日本に謝罪していない。「事務所が謝罪して沙汰止み」という事例を作ってしまえば、反日南鮮人に再び同じことを繰り返されるだけだ。彼らは今この瞬間も、日本公演を続けている。謝罪する機会を見つけるのには不自由はしないはずだ。

 NHKはそのBTSの紅白歌合戦へのオファーを見送ったそうだ。このバンドがやらかした騒動の悪質さを考えれば、当然の判断だろう。いま日本は、このBTS原爆Tシャツと出稼ぎ朝鮮人労働者の件が相乗効果を生み、嫌韓まっしぐらの状況だ。左側のイデオローグらは、BTSも出稼ぎ労働者も、はたまた“南鮮の英雄”植村隆の裁判結果を取り上げ、ネトウヨ叩きに余念がないようだ。香山リカあたりのツイッターを少し観察すれば、彼らの行動がだいたいわかる。そして、政治団体はといえば、反安倍倒閣運動にこれらの問題を利用しようという動きを見せている。


 話の相手は、先だってノーアポで新日鉄住金に突撃し、「面会してもらえなかった演出」を行った、南鮮の弁護人らだ。しんぶん赤旗に詳報が出ているが、およそ「国益」などという概念すらないこの政党は、特亜と共謀することにより、日本国の弱体化を望み、狙っているとしか思われない。彼らが目論む革命には、日本の国体が邪魔なのだ。使える道具なら何でも使うのが共産党だ。

 それにしても、この日本において最も楽な商売は「野党」でいることだという認識を新たにする。政治家や政党でありながら、政権を担う可能性がない彼らは、何に対しても責任を負わない。政府、与党を権力に見立て、その権力を批判、罵倒し、その足を引っ張ることが生業なのだ。そういう例がもうひとつある。

憲法論議で「職場放棄」なのか??(大串博)

自民党の、下村博文憲法改正推進本部長がテレビ番組で、憲法改正論議に野党との間で自分の思い通りにならないことを受けて、「国会議員として職場放棄」と述べたと。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181109-00050072-yom-pol
こんなに強圧的な態度をとる本部長との間で、憲法改正の話が進むとは、なおさら思えません。
自分たちの思い通りにならないことを上から目線で糾弾するこの姿勢は、安倍政権に共通のもの。
「権力が濫用されないように国民目線で縛りをかける」という立憲主義の立場とは全く相容れないような態度です。
この臨時国会での憲法論議の先行きが見えたような気がしました。


 下村氏は辞退する必要はなかった。答えは明白だ。憲法議論を拒否し続ける野党をして「国会議員として職場放棄」とすることは、野党を表現することばとして「正確」だからだ。国会議員の職務は立法だが、国のかたちを表す憲法は、彼らが負う職責のなかの最重要課題であるはずだ。変える必要がないと思えば、その主張で議論を戦わせればいい。しかし、議論しないと言うこと自体は国民の権利を奪うことに等しく、職場放棄と言われても反論できないはずだ。大串は「強圧的」「上から目線」という批判は、議論しないための言い訳でしかない。立法府に籍を置く人間が、憲法議論に限っては拒否できるのだから、こんな楽な商売はないのだ。

 対価は労働によって得るものだ。従って、批判だけを仕事にしたり、そもそも仕事を放棄するという実態がある限り、彼らは議員報酬を返上すべきだ。そして、議論を拒否する者たちが国会議員である必要はない。職場放棄という図星に逆ギレしているような議員は、即刻議員バッジを外すべきだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/11/15 07:10 ] 政治 | TB(0) | CM(12)
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ