FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2018年10月29日

テロ組織との話し合いを主張する前澤氏よ、北朝鮮の拉致に同じことが言えるのか!?

← 応援クリック、ありがとうございます。

 安田純平事件に関する議論は、当の本人が発言していないから当たり前といえばそれまでだが、いまだに収束する気配すらない。私は安田氏の無事の帰国を喜ばしいと思う反面、彼の行動は自己中心主義だと書いたし、いまもその考えは変わらない。この件に関しては、様々な分野の人々から見解が示され、その見解を支持する人と反論する人との間で論争が巻き起こっているが、お馴染みのこの人も安田氏を擁護し、こう書いた。

安田純平氏をバッシングするヘタレ虫ども(小林よしのり)

武装集団に監禁されていた安田純平氏が3年ぶりに解放され、帰国したことで、また「自己責任論」でバッシングする知能低劣なネトウヨが繁殖しているらしい。
ジャーナリストは戦場に行くなとでも言うのか?
自分の勇気のなさを反映した「自己責任論」で叩いてるだけの卑怯者は、国家存亡の危機に兵士になる覚悟もあるまい。


 小林よしのりは完全に間違っている。「自己責任論」はネトウヨと言われる人たちが最初に持ち出したのではない。最初に持ち出したのは、安田氏本人だ。彼は、渡航自粛、禁止を国家権力の嫌がらせだと批判し、「自己責任なのだから口や手を出すな」とツイートしている。つまり、批判の種を撒いたのは安田氏本人であって、その自己責任論を引き合いに批判するのは、安田氏へのリアクションだ。「知能低劣なネトウヨ」「自己責任論で叩いているだけの卑怯者」と汚い言葉で罵るが、あたかも自己責任論を主張する人々がすべて知能低劣、卑怯者であるかのようなヘイトだ。

 もうひとり、特徴的な人がいる。民間初の月周回旅行の予約でも話題になった、ZOZOTOWNの前澤友作社長である。彼はTwitterで、2004年10月の香田さん、2015年1月の後藤さんと湯川さんに関して、「人命より、テロとは交渉しないという姿勢を優先した。人命<姿勢???」と発信した。続けて、「「身代金は(中略)重要なカードとして使えるのではないかと僕はいつも思う。いくら払ってでも人命第一である」とTweetしている。日本維新の会の丸山穂高議員がこれに反応し、「この社長さんの人類史や中東の地政学すらぶっ飛ばした発想が過ぎて、驚きを隠せない。あまりにも無邪気な」と反論し、論争となった。



 いわゆる「話し合い万能論」だが、丸山議員が指摘するとおり、あまりにナイーブな主張である。

ZOZO 前澤


 「罪人には罪人の言い分があるから、聞いてやろう」というのは、人権サヨクのなかからよく聞かれる主張だが、例えばこの論法を北朝鮮に当てはめてみれば、「日本人を拉致した金一族にもそれなりの事情があるのだろうから、金正恩の言い分も聞こうじゃないか」ということになる。これがどんなにおかしいことか、主張している本人は理解して言っているのだろうか。テロリストたちは、人の命を金に替えるビジネスをやっているのであって、そのようなビジネスに耳を傾けることで問題が解決するなら、話は早い。

 いわゆる戦後民主主義の弊害だろう。我が国の憲法には「平和を愛する諸国民の信義に信頼」と書いてある。理想主義の極みだが、世界で後を絶たない紛争も、話し合いで解決できるというのが占領憲法の思想であり、哲学だ。しかし、国際社会には言い分を暴力行為で表現する厄介な人物や団体がいる。我が国の近隣にも、テロ国家が存在する。話し合いは理想だが、そういう暴力組織の言い分に耳を傾けることが、彼らへの同調者を生み、間違った行為にも擁護論が生まれる。テロ行為は絶対に認めないという態度を言葉と行動で示すことこそが、テロ組織への対抗手段の基本である。

 北朝鮮に拉致の言い分を聞いてみたらいいというなら、前澤氏は豊富な資金力を背景に、そういうテーブルを用意してみたら如何か。それが実現する以前に、国民からのバッシングの嵐を耐え抜く精神があるなら、ということになるが。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/10/29 07:08 ] 社会問題 | TB(0) | CM(12)
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ