FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2018年10月28日

日中首脳会談は安倍総理の「前のめり外交」ではない

← 応援クリック、ありがとうございます。

 安田純平事件でネット界隈が盛り上がっているが、現在進行形のもっと重要な案件が日中外交だ。安倍総理が支那を公式訪問したのは7年ぶりだという。対話のドアは常に開かれているが、そのドアを抜けて握手するか、対話をするかは相手国次第というのが安倍政権の基本スタンスである。今回は、その開いたドアの向こうから、中共が満面の笑みを浮かべ、総理を歓迎したということだ。

 異例の厚遇となった。天安門には、安倍総理の訪中に合わせて10対の日の丸と五星紅旗が数十メートルおきに設置され、友好ムードを演出している。彼の国では、抗日映画や番組が人民の教育に使われるが、こういう手のひら返しを滑稽に想うのは、彼の国の人民も同じだろう。とは言っても、共産主義には世論というものがないから、批判も起きないのだろうが。

 しかし、この極端なまでの手のひら返しほど、中共の苦境を如実に表しているものはない。米国から「冷戦やるぞ!」と脅されている状況下で、彼らが頼るのは日本だ。それは、トランプに対してものが言える安倍総理であるからこそ、中共は揉み手で総理を歓迎する。文在寅では役に立たないのだ。

 さて、今回の訪中とキンペーとの首脳会談を受け、朝日ならまだしも産経までも、批判的な論評を掲載している。

 米国と中国が覇権を争う「新冷戦」の局面を迎え、国際社会は大きな地殻変動を起こしている。これに日本はどう向き合うか。安倍晋三首相の中国公式訪問で問われたのは、この一点に尽きる。
 だが、習近平国家主席や李克強首相との会談の成果とする関係改善は、日本が目指すべき対中外交とは程遠い。むしろ誤ったメッセージを国際社会に与えた。


 産経にしては手厳しい。しかし、安倍総理は間違ったメッセージを国際社会に与えるほど何も言わなかったかといえば、事実は異なる。

fc2blog_20181027234719f32.jpg


 まず、首脳外交で話し合われた全ての会話が、記者発表されるわけではないというのが大前提だ。その前提を踏まえても、総理はキンペーに対し、「協調」という言葉を使うことで日本だけでなく周辺国との協調を促し、第三国の利益となる企業間協力を求めることで、中共による支援国の経済的植民地化に釘を刺している。また、北の非核化も確認しながら、東シナ海を平和な海にと、尖閣などへの挑発を牽制した。中共は尖閣に手を出しづらい状況に置かれる。彼から自身が行動を変えなければ、首脳会談で友好をアピールした意味が消えるのだ。何より、キンペーは安倍総理の後ろにいるトランプを意識せざるを得ない。

 さて、産経ですら「前のめり」と批判した今回の日中首脳会談だが、同じ産経の阿比留氏が、その「前のめり」を否定する総理の言葉を伝えているから面白い。

 「別にこちらが前のめりということではない。一帯一路の件は、リップサービスをしているだけだ。中国にカネをやるわけでも出すわけでもない」
パンダ頼みたくない
 首相が日中首脳会談で、新たなジャイアントパンダの貸与を求めるとの観測についても突き放す。
 「パンダの件は地方自治体の要請で外務省が勝手に進めていることで、私は知らなかった。そんなこと頼みたくもない」


 今までの安倍外交の根幹は、麻生政権の「自由と繁栄の弧」を踏襲した「安全保障ダイヤモンド構想」であり、しばしば対中包囲網として論ぜられるものだ。総理が簡単にこの構想を手放すわけがない。今回総理は、日中の前に欧州訪問でで根回しをし、日米欧の連携を確認した上で会談に臨んでいる。

 首脳会談の成果は、総理が日程を終え、総合的な情報が出てきてからでも評価は遅くない。少なくとも、今の日本が中共に対して弱腰で臨む理由も事情もないのだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/10/28 07:21 ] 外交 | TB(0) | CM(12)
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ