FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2018年10月15日

ペンス米副大統領、米中の冷戦を宣言 ~ 備えよ、日本

← 応援クリック、ありがとうございます。

 10月4日、ペンス米国副大統領がハドソン研究所で重要な講演をしてから10日が経過するが、この講演の内容の重大さとは裏腹に、日本のメディアはこれをほとんど報じていない。ペンス副大統領の演説はYoutubeで視聴できるが、全文翻訳はこちらにある。国際情勢の大転換点となり得るこの演説は、一度目を通しておいた方がよい。

 ペンス副大統領はの演説は中共を題材にしたもので、その内容すべてが対中への強硬姿勢を示している。トランプ施政から2年間、中共との関係をつくり、語り、協力してきたことで見えてきたものを、具体的な言及を伴うかたちで語っている。冒頭に出て来るのは、「中国政府が、政治、経済、軍事的手段とプロパガンダを用いて、米国に対する影響力を高め、米国国内での利益を得るために政府全体にアプローチをかけている」「中国はまた、かつてないほど積極的にこの権力を利用して影響力を及ぼし、我が国の国内政策や政治活動に干渉している」という告発だ。これを、「米国国民が知っておくべきこと」と定義し、中共に対する米国国民の真の理解を促した。

マイク・ペンス米国副大統領


 日本では、米中の経済戦争という報道が大半を占めているが、ペンス副大統領の講演は、決して経済分野だけに留まらない。人民解放軍を名指しし、「最先端の軍事計画を含む米国の技術の大規模な窃盗の黒幕」と批判した。他国にカネを貸しておいて、利益は自国に流し、返済能力がないとわかると代償に領土をかすめ取る「借金漬け外交」、様々な分野での言論および宗教弾圧等々、その批判は辛辣だ。

 講演での批判は、中共が触れてほしくない部分にも及んでいる。

中国はまた、仏教も厳しく取り締まっています。過去10年間で、150人以上のチベットの僧侶が、中国による信仰と文化への弾圧に抗議するために焼身自殺しました。そして新疆ウイグル自治区では、共産党が政府の収容所に100万人ものイスラム教徒のウイグル人を投獄し、24時間体制で思想改造を行っています。その収容所の生存者たちは自らの体験を、中国政府がウイグル文化を破壊し、イスラム教徒の信仰を根絶しようとする意図的な試みだったと説明しています。

中国共産党は昨年から、中南米3カ国に対し、台湾との関係を断ち切り、中国を承認するよう説得しています。これらの行動は台湾海峡の安定を脅かすものであり、米国はこれを非難します。米国政府は、3つの共同声明や台湾関係法に反映されているように、 「一つの中国政策」 を尊重し続ける一方で、台湾の民主主義への支持は、全中国人にとってより良い道であると常に信じています。


 講演の翻訳を全文読めば、米国の対中強硬姿勢が、決して経済分野に限定されるものではないことが理解できるだろう。チベット、ウイグル、台湾など、日本のメディアが北京を忖度して報道を控えるテーマが、次々と繰り出された。この講演に呼応するように、米国議会ではウイグルの人権問題を取り上げ、「人道に対する罪」の疑いを提起し、4年後の冬季オリンピックの開催地に中国はふさわしくないとし、IOCに見直しを求めていくことを明らかにしている。IOCがどの程度チャイナ・マネーに浸食されているかは不明だが、IOCがこの提案を真に受ければ、中共は苦しい立場に追い込まれる。

 米国との関係が悪化する中、中共は日本に対してかなり融和的な外交アプローチを展開している。南朝鮮だったらホイホイ乗っていくであろうこのアプローチに、安倍政権は過度に反応していない。天安門事件で国際的な孤立に苦しむ中共に、最初に手を差し伸べ、批判されたのが日本だ。安倍政権は同じ轍は踏まないだろう。

 こんなときに、新沖縄県知事は、基地問題で「民意だ」と騒ぎ、選挙戦では「頼らない」としていた補助金を国に無心に来て、詐欺師っぷりを晒すありさまだ。デニーは「米国に行って、沖縄の世論を訴える」と息巻いているようだが、内容はもちろんのこと、タイミングとしても度し難い。恐らく、米国旅行が叶っても、要人には取り合ってもらえないだろう。

 米中の対立は経済分野に留まらない。これは新たな「冷戦」である。日本がどちらに付くかは、選択するまでもない。外交、経済、防衛などあらゆる分野で、この「冷戦」に備えるべきだ。同時に、戦後、中共が国際世論において情報戦をしかけてきた「日本による侵略」「虐殺」等々のプロパガンダ払拭のため、粘り強く米国の理解を促す好機としても活用すべきだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/10/15 07:08 ] 外交 | TB(0) | CM(10)
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ