FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2018年09月26日

言語空間から逃げた新潮社 ~ 「新潮45休刊」にみるパヨクの力を侮るな

← 応援クリック、ありがとうございます。

 杉田水脈議員の論文(8月号)と、その続編と位置付けられる特集「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」で炎上騒動となった新潮45について、新潮社が同論壇誌の休刊を発表した。

 休刊に至った一連の騒動には、ふたつの要素がある。ひとつは、杉田論文が差別と批判され、また、そのフォローアップ特集を掲載した10月号が輪をかけて炎上したこと。もうひとつは、同誌の編集方針に関して新潮社社内に内紛があり、企業として発行する体制を見直す判断が下されたのだと思われる。いずれにせよ、この新潮社の幕引きは、安直のそしりを免れないと思う。

 この炎上は、もとはといえば杉田論文に対する曲解から始まっている。何度も書くが、論文「『LGBT』支援の度が過ぎる」のなかで杉田氏が語った「生産性」は、差別を意図するものではない。「生産性」ということばが誤解されているが、杉田氏は、少子化が進む我が国では、子供を産む家庭により手厚い支援をすべきという「税金の使い方」を示したのであって、性的少数者を差別したのではない。この論文の「生産性」という言葉のみが切り取られ、杉田氏は差別主義者に仕立てあげらることになる。

新潮45 2018年10月号


 小川榮太郎氏の「痴漢」の比喩も過激ではあるが、比喩に食いつき、批判し、本筋で勝負しないのは、言論の勝負とは言わない。「痴漢の権利も保障せよ」という表現にも賛否はあろうが、批判する側の主張をネットで詳しく読んでみても、まともな反論は意外と少ない。杉田批判で勢いづいた“あっち側”の人々が、嵩にかかって杉田、小川両氏を罵倒している感がある。日頃「話し合いを」と主張している人々が、「この問題に関しては話し合う余地はない」と、勝手に宣言しているようにも映る。

 痴漢云々が小川氏の主張の根幹ではない。私も一昨日のエントリーのあと、知り合いから雑誌を画像で送ってもらい、苦労して文章をを読んでみたが、後のFacebook等への投稿とあわせ、氏が意図したのは、西洋から来る概念を安易に受け入れることが、数十年後、百年後の日本社会に良からぬ事態を及ぼす可能性があるのではないか、という問題提起だろうと思う。杉田氏への批判は、杉田氏の少子化対策について全く触れておらず、小川氏への批判も上記も問題提起に真正面から反論していない。こういうのを言葉狩りというのではないか。

 新潮社は出版業界では大手中の大手だ。その大手が、パヨクからの批判を真っ向から受け、騒動から間髪置かずといったタイミングで休刊を発表した。批判されたなら、批判を検証する特集でも組んで、11月号か特集号でも出せば、まだ救われた。だが、新潮社は休刊という手法で、批判をかわそうとしているように思われる。新潮社には、批判本を書いた文藝評論家を法廷闘争に引きずり込んだ朝日新聞の手法を批判する資格もないかもしれない。
 
 根拠や論理に乏しくとも、パヨクの力ずくの抵抗にはまだまだ力があるのだ。保守派も心して対峙すべきだろう。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/09/26 07:10 ] 社会問題 | TB(0) | CM(21)
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ