FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2018年09月

朝日新聞と組んで反安倍の急先鋒となった石破茂

← 応援クリック、ありがとうございます。

 先の自民党総裁選で「圧勝」した安倍総理が、2日、内閣改造を行う。安倍内閣最後の3年をスタートである。総裁選では、主に左派メディアの政局中心報道によって、安倍 vs. 石破の対立ばかりが垂れ流され、政策は二の次の扱いを受けた。内閣を改造し、向こう3年の政策を邁進する上で、重要な人事となる。

 安倍総理は訪問中のニューヨークで、「しっかりとした土台の上に、できるだけ多くのみなさんに活躍のチャンスを作る」と述べ、閣僚を一定程度入れ替えることを示唆したと同時に、麻生副総理兼財務相、菅官房長官の留任を明言した。報道によれば、このほか、河野外相、茂木経済再生相、世耕経産相らも留任といわれ、TPP交渉で八面六臂の活躍をした甘利氏も入閣が噂される。党執行部では幹事長の二階、政調会長の岸田両氏も留任の方向だ。一方で、総裁選出馬に意欲を見せた野田聖子、総裁選で石破支持に回った斎藤健らは交代だそうだ。

10月2日 内閣改造


 当然すぎる結果と言える。現職の総理・総裁に対抗、または対抗馬を推す判断をした時点で、安倍総理が勝てば、内閣を去ることは両人とも想定内だろう。安倍総理は選挙中、挙党体制ということばを意図的に避け、「適材適所」という表現を貫いてきた。選挙期間中に出演した報ステで、後藤謙次に「総理は選挙後の人事について、適材適所とは仰っているが、挙党体制は一度も言っていない」と指摘されると、安倍総理は「挙党体制っていうのは派閥均衡。後藤さんが活躍していた時代の話です。」と切り返した。旧来型の派閥への配慮はしないと宣言したのである。同時に、「人事には口を出させない。私が決める」という宣言でもある。

 この動きに対し、総裁選敗者の石破は、「ポストは国家国民のためにあり、個人の利益のためにあるものではない。(先の総裁選で)石破を支持したかどうかが、その人が国家のためになるかどうかに優先する判断基準ではない」と述べ、安倍首相を牽制したという。「公平、公正」というスローガンを掲げたキャンペーンで、安倍総理が「不公平、不公正」だとレッテルを張った石破は、ここに来てなお、総理が「個人の利益のために人事をしている」というイメージ操作をしようとしている。言っていることは、反安倍メディアの朝日新聞のような連中の論点と合致し、そしてシンクロしている。

 その朝日新聞も、昨日は社説を使って麻生攻撃に出た。

(社説)麻生氏の続投 こんな土台でいいのか(朝日新聞)

 行政の信頼を失墜させた組織のトップを、そのまま続投させる。そんなゆがんだ人事の先に、まっとうな政治が実現するとは思えない。


 行政どころか、地球規模で日本国の信頼を失墜させた組織が言うセリフではない。今まで、様々な内閣がスキャンダルの末に倒れたが、朝日が捏造や誤報のたびに責任を取ってきたという話は寡聞にして聞かない。これは、朝日新聞が言ってはいけないセリフなのだ。「メタタグの責任、誰か取ったの?」と聞き返せば、早々に詰んでしまうのだ。

 麻生氏は、総裁選で石破茂・元幹事長が地方票の45%を得たことについて「どこが善戦なんだ」と言い放った。首相への批判票ともいえる地方の声を切り捨てるかのような言動は、安倍1強政治のおごりそのものに見える。その麻生氏を無条件で登用するなら、首相もまた批判を受け止めているとは言えない。


 これも明らかなミスリードだ。石破が取った45%の票が、すべて安倍総理への批判票であるかのように書いている。その中には「純粋な石破支持」の票、安倍と石破なら石破」という票もあるわけだから、すべてが安倍総理への批判ではないのだ。こういう前提をすり替えるやり方を、朝日はたびたび取る。要注意だ。

 さまざまな政策課題に取り組む前提として、首相に求められているのは、何より公平・公正な行政の実現だ。


 これは全く違う。公平、公正は、手段や手法であって目的ではないはずだ。「公平、公正」ということばを用いるあたり、朝日は反安倍ゆえの石破擁護に出ている。言葉がシンクロする。最早、石破と朝日新聞はグルだと見て差し支えないだろう。

 国民が求めるのは、仕事ができる内閣だ。派閥機構人事など内向きなものは勿論のこと、公平、公正な人事なども望んでいない。今一度、安倍総理の仕事人内閣組閣に期待したい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/09/29 07:20 ] メディア | TB(0) | CM(10)
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ