FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2018年08月15日
月別アーカイブ  [ 2018年08月 ] 

終戦の日と靖國神社

← 応援クリック、ありがとうございます。

 8月15日。終戦の日である。なぜ終戦“記念日”というのかわからない。15日は日本の敗戦が決定した日であり、敗戦を記念するなど不思議な感覚としか思われない。この記念日という呼称にも、GHQの占領政策と日本人の歴史認識の歪みが現れているように思えてならない。

 今日の論説は別に語るとして、昨年8月15日の朝日新聞社説「72年目の8月15日 色あせぬ歴史の教訓」には何と書いてあったか。

 ■いまを見る歴史の目

 社会が息苦しさを増す過程で最初にあらわれ、後戻りすることがなかったのは、多様性の否定だった。朝鮮、台湾の植民地や沖縄で日本への同化教育が行われ、国内でも天皇機関説事件などによって、学問や言論の自由が急速に失われていく。
 享受している生活が、そうした価値と引き換えであることに気がつかなかった人、気づいたけれども声に出さなかった人。その後の日本にどんな運命が待ち受けていたかを、後の世代は知っている。
 歴史の高みから「分岐点」を探し、論じるのはたやすい。ではいまの社会は、数十年後の日本人からどんな評価を受けるのだろうか。


 戦前戦中と、戦争を煽りまくった朝日新聞が、後の時代の日本人から受ける評価について書くという厚顔無恥。開戦の主張だけでなく、慰安婦、百人斬りなど、創作をもとにした日本バッシングの原因を作ったのも朝日新聞だ。慰安婦捏造記事の発信から30年後、朝日は日本人にバッシングを浴びている。昨年、この社説を読んだとき、よくこういう文章を書けるものだと思った。朝日新聞の報道犯罪こそ、色あせていない。色あせるどころか、日に日に鮮明さを増してくる。

 思えば、今日、多くの人が参拝に訪れるであろう靖國神社を政治問題化したのも、他ならぬ朝日新聞である。そしていまだに、政治家の靖國神社参拝に目くじらを立て、中共にご注進するような報道を連発するのも朝日だ。日中友好条約を締結して今年で40年が経過するそうで、日中の関係修復も徐々に進んでいるようだ。従って、今年も安倍総理はこのような状況を慮り、参拝は見送るだろう。何とも残念である。

靖国神社


 1985年、首相や閣僚の靖國参拝が政治問題化していることを受け、中曽根内閣が藤波官房長官直轄の「閣僚の靖国神社参拝問題に関する懇談会」(靖国懇)を設定した。その懇親会の後、懇談会のメンバーであった江藤淳は、「生者の視線と死者の視線」という論文のなかでこう主張している。

 自衛隊は、高度の政治的判断によって設置された。日本国内に二個師団余り駐留していた米占領軍が朝鮮戦争の勃発とともに朝鮮半島にスイングされて、日本には補給部隊しか残らないという軍事的空自が生じた。治安も危ないというので、とにかく米式装備で警察予備隊という名前の武装集団を作ってしまえという危機感から出来た。かくのごとく喫緊かつ高度の政治的判断から超法規的に作られた組織ではあるけれども、その事実が今日に及んでいる。

 ために現今の国会における外交・防衛論議は、あたかも中世神学の教理問答もかくやという様相を呈している。それでも政府は自衛隊を維持し、生者の防衛と安全を確保しようとしているじゃないか。それならなぜ死者の追悼と慰霊について同じ態度をとらないのか?

 そう覚悟すれば、中曽根首相の選択肢はおのずから決ってくるはずではないか。自分は参拝する、違憲合憲は何年かかって論じてもよい。しかし死者をとむらい、公式参拝することは社稷を保つ上で喫緊の重要事であるから、総理大臣中曽根康弘としては堂々と公式参拝する。神道の儀礼に従い、春秋二回の例大祭に行い、八月十五日に行い、その他必要な場合には何度でも参拝する。そして後継の総理大臣も同様に参拝するよう要請するという閣議決定を行って置く。それについて違憲だという意見があってもかまわないし、反対デモが起こっても意に介さない。あたかも六〇年安保条約改定のときの岸首相と同じように、身体を張ってやればよい。

 したがってこの問題は、実は法律論ではなくて、より本質的には文化論であり、実務上の突破口は政治論である、政治的決断の問題であると、私は靖国懇の席上何度も主張したのです。


 日本の首相の態度は、こうあって欲しい。朝日新聞や中共や朝鮮がなんといおうと、これは死者を弔う日本文化の問題である。恐らく、安倍晋三後の首相に、政治的突破力を期待することは難しく、憲法問題とともに、本来問題でもない靖国参拝を騒ぎ立てるレジームに終止符を打ってもらいたい。

 そんなことを考えながら、今日、九段に向います。

新版靖国論集―日本の鎮魂の伝統のために
新版靖国論集―日本の鎮魂の伝統のために



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/08/15 07:10 ] 史観 | TB(0) | CM(6)
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ