FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2018年06月14日

河野洋平、「国交正常化を先行して拉致を解決」という不見識

← 応援クリック、ありがとうございます。

 12日に行われたトランプ大統領と金正恩の米朝首脳会談に関しては、メディアを通じて様々な見解が伝わってくる。もちろん、前向きに評価する意見もあれば、真っ向から否定する向きもある。北を取り囲む東アジア情勢の当事者でありながら、会談の当事者ではない日本にとっては、伝わってくる情報をもとに判断するしかないのだが、今のところ、保守派の間でも辛口な評価が多いように思われる。

 一方、このような大きな出来事が起こった後に出て来るリアクションで、その人物の思想や反日ぶりが透けて見えてくることも事実だ。最も分かり易いのは有田芳生で、北への監視体制を変えないと述べた小野寺防衛相を引き合いに、「国際感覚がない防衛相だ。外交とは相手があることだとわからないのか。日朝首脳会談の可能性を足元から崩していく愚行に気づかないのだろう。」とツイートした。有田のいう国際感覚とは何を指すのか不明だが、要するに相手の立場を慮って譲歩するという、旧来の土下座外交と似たものをベースにする判断基準だろう。

 日本の拉致被害者を返さず、米国の拉致被害者を早々に返したのは何故か。国際感覚をあてにせずとも、常識で考えれば明白だ。それは、米国と違い、日本には行使できる軍事力がないからに他ならない。北朝鮮がなぜ米朝会談を切望したかを、まさか有田は理解できないわけではあるまい。それは、米国の「力」が脅威だったからだ。日本は北に対して直接的な軍事行動を示唆しているわけではなく、警戒を続けると言っているだけだ。これに敏感に反応する有田こそ、平壌の在日広報部隊と認定して差し支えないだろう。

 もうひとつのサンプルが河野洋平である。息子が外交で頑張っているこの時期に、親がしゃしゃり出てきて息子の足を引っ張るのは如何なものかと思うが、河野洋平のコメントをNHKが記事にしている。

「拉致解決は まず国交正常化して」河野元衆院議長 (NHK)

河野洋平元衆議院議長は東京都内で講演し、北朝鮮による拉致問題について、国交正常化を先行したうえで解決に取り組むべきだという認識を示しました。

この中で河野元衆議院議長は、米朝首脳会談について「話し合いが行われたことで平和が近づいてきたと感じた。意味はあったし、大変なことだった」と評価しました。

河野洋平


一方で、日本の対北朝鮮外交について「今、日本がやらなければならないことは、朝鮮半島の植民地化について申し訳なかったとおわびをすることだ。韓国に対してはおわびして経済援助などを行ったが、北朝鮮とはまだ国交もなく、できずにいる。韓国と同じくらいは北朝鮮にもしないといけない」と指摘しました。

そのうえで「拉致問題という大変難しい深刻な問題があるが、国交も正常化されず、植民地問題も処理できてない国に対して、ただ『返せ、返せ』とだけ言っても解決しない。国と国との関係を正して返してもらう手順を踏まざるをえないのではないか」と述べ、国交正常化を先行したうえで拉致問題の解決に取り組むべきだという認識を示しました。


 今月5日に田嶋陽子の発言を取り上げたが、河野洋平の「北と国交正常化を先行したうえで拉致問題解決に取り組むべき」というのは、田嶋の意見と完全に符合する。そして、「国交も正常化されず、植民地問題も処理できてない国に対して、ただ『返せ、返せ』とだけ言っても解決しない」という意見は、辻元清美の「北朝鮮には(戦後)補償を何もしていないのだから、そのことをセットにせず『9人、10人返せ』ばかり言ってもフェアじゃない」という見解と瓜二つだ。河野の意見は、戦後サヨクの中で最も左側にポジションを置くこの2名と、ほぼ同じなのだ。

 単純な話だ。日本人を勝手に拉致し、その被害者を返さない国と、国交正常化などできるわけがないのだ。北朝鮮の国家ぐるみの犯罪はいまだ進行形であり、その犯罪に情状酌量の余地など無い。トランプは日韓が北朝鮮を経済支援すればよいというが、拉致事件の解決なしに経済援助などをすれば、安倍政権でなくても政権は吹っ飛ぶ。まして、国交正常化など、世論が許さない。河野は、「国と国との関係を正して返してもらう」というが、拉致自体が国家間関係を破壊する行為なのだ。

 今後、こういうスリーパーセルもどき(またはそのもの)が地上に顔を出し、北朝鮮の立場を代弁する機会が増えるだろう。北朝鮮シンパの棚卸の開始である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/06/14 07:10 ] 外交 | TB(1) | CM(9)
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: