FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2018年05月24日

こっちのセリフ ~ 「国会と国民をバカにするのもいいかげんにしろ」(by 陳哲郎)

← 応援クリック、ありがとうございます。

 加計学園獣医学部の誘致に絡んで、愛媛県から出てきた「怪文書」によって、国会が揺れている。倒閣のみを目的とした野党、そして、安倍政権による憲法改正を阻止したいサヨクメディアの総攻撃が、再び始まった感がある。

 朝日新聞は予想通り、この怪文書を採り上げ、社説「加計新文書 首相答弁の根幹に疑義」を掲載し、安倍総理の答弁に懐疑があると批判した。

 これらの文書は、国政調査権に基づき、与野党が一致して県に提出を求めたものだ。自らの主張を言いっ放しにするだけでは、行政府の長として、不誠実というほかない。国民の納得が得られるよう、国会できちんと説明をしなければいけない。

 一連の文書からは、競合する新潟市などに対抗するため、学園が政権への働きかけを強め、首相と加計氏の面会後に計画が加速化したという流れが見て取れる

 ますます深まる「加計ありき」の疑念を晴らすことができなければ、首相の政権運営に国民の信任は得られないだろう。


 「自らの主張を言い派なしにするだけ」と言うが、会っていないなら会っていないと答弁する以外にない。「流れが見て取れる」というのも、朝日新聞の憶測によるもので、総理の答弁の根拠を言うなら、朝日こそ、この文書の信憑性について確証を提示すべきだろう。加計ありきは、メディアと野党が作ったシナリオである。そのシナリオに、1年3ヵ月を費やしても説得力を持たせられず、いまだに「疑惑」止まりなのをどう説明するのか。朝日こそ、「疑惑」を「罪」に転換する何かを提示したらどうなのか。

 野党の騒ぎっぷりも、朝日に引けを取らない。立民枝野は、官邸のカメラに加計理事長が全く映っていなかったことに対し、「カメラのない動線で執務室に入ることは可能です。私も官房長官時代に、総理動静に載らない会い方で総理と会っていました」と反論している。しかし、そのことが、総理と加計氏が会った証拠にはなり得ない。それが通るなら、但馬オサム氏が指摘する通り、「あのスーパーで俺は万引きできた。だからあいつも万引きやったはずだ。 もうバカかと。」ということになる。

枝野は字が下手すぎwww
枝野、この達筆ぶりwww


 昨日の厚労委員会。総理が入り、働き方改革関連法案が審議される場である。しかし、野党の質問は加計のオンパレードだったそうで、立民の長妻昭など、モリカケの質問ばかりで委員長に注意され、「言論封殺だ」と逆ギレする始末。仕舞いには委員長解任決議案まで提出される荒れようだった。これが国会の実態だ。半月以上の大型休暇を取った野党が、国会に戻ってきた途端に、国会が動かなくなる。

 立民の陳さん(別名、福山)は、こう語った。

「昨年からの1年間の国会は何だったのか。国会と国民をバカにするのもいいかげんにしろと」

陳さん(福山)


 こっちのセリフである。政権叩きしかしてこなかった野党が、国民の利益を代表しているわけではない。陳さんは国民の代弁者を装うが、自らの声が国民の声かのような言いっぷりは、国民の多くには迷惑千万なのだ。

 陳さんよ、国民をバカにしているのは、倒閣しか頭にない反日メディア、そして立憲民主党のような野党だ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/05/24 07:10 ] 政治 | TB(0) | CM(8)
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ