FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2018年04月28日

南北首脳会談 ~ 北の時間稼ぎに手を貸した文在寅の愚

← 応援クリック、ありがとうございます。

  南北朝鮮首脳の会談が、昨日、板門店で開かれた。ついこの間まで「ソウルを火の海にする」と強弁していた金正恩は、満面の笑みで登場し、同じく満面の笑みをたたえた文在寅と抱擁を交わた。その豹変ぶりは、胡散臭い策謀さえ匂わせる。

金正恩と文在寅


 比較的早く板門店宣言を伝えたのが聯合ニュースだ。宣言は3つの項目にそれぞれ細目が記されているが、1つ目が「南北関係の全面的かつ画期的な改善と発展による、共同繁栄と自主統一の未来」、2つ目が「尖鋭的な軍事的緊張状態の緩和と、戦争の危険の解消」、3つ目が「朝鮮半島の恒久的で堅固な平和体制構築に向けた協力」だ。このうち、注目された非核化に関する言及は、3つ目の平和体制構築のパラグラフに挿入された。

 実はこの板門店宣言の内容はスッカスカである。確かに「年内の終戦を目指すこと」は、朝鮮半島におけるエポックといえるだろう。この二国は、休戦状態にあった戦争当事国同士で、戦争の終結ともなれば世界的なニュースにはなる。しかし、北朝鮮問題は既に当事国同士の枠を超え、国際社会を取り巻く問題まで発展している。両首脳は宣言のなかで、「南と北はわが民族の運命はわれわれが自ら決めるという民族自主の原則」と記し、部外者を排除するような方向性を見せている。しかし、事は既に、両国が互いに歩み寄れば済む問題ではないのだ。

 南北朝鮮は、朝鮮半島の完全な非核化と核のない朝鮮半島を実現する共通目標を宣言に盛り込んだ。しかし、これは米国のアプローチとは異なる。米国のスタンスは、乱暴に言ってしまえば「つべこべ言わずにまず核を放棄せよ。話はそれからだ」というものだ。つまり、非核化は米朝両者の問題ではなく、北が対話の土台としてまず自主的に履行するものという意味である。文在寅は、その土台を崩し、平壌の立場に歩み寄ったということになる。

おててつないで
おててつないで…


 宣言では「今年に終戦を宣言」や、「今年秋に文在寅が平壌を訪問」などが合意されている。これにより、金正恩にとって、更なる時間稼ぎが可能になったということである。また、金正恩は、近未来的な南北朝鮮の和解と終戦、休戦協定の平和協定への転換などを宣言に盛り込むことにより、経済制裁の緩和を狙ったと見るべきだろう。北がなぜ態度を変えたのか。それは、米軍による軍事オプション行使への恐怖と、経済制裁による困窮のふたつだ。文在寅は、北がその2つの緊張要因を解くことに、わざわざ手を貸したのだ。

 残念ながら、南北朝鮮首脳会談は、金正恩の判定勝ちというところだろう。ノーベル平和賞でも狙ったとみられる文在寅は、息子ほど歳が離れた金正恩の手のひらで転がされたのだと、私は観ている。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/04/28 08:21 ] 外交 | TB(0) | CM(12)
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ