FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2018年04月16日
月別アーカイブ  [ 2018年04月 ] 

後ろから石破、後ろから小泉

← 応援クリック、ありがとうございます。

 反日メディアと倒閣しか頭にない野党から、日々、猛攻撃を受ける安倍総理だが、総理の足を引っ張るのはなにも彼らだけではない。総理の失脚を狙うの輩は自民党内にも存在する。その典型例が、石破茂だ。次期総理候補と囃し立てられ、2012年の総裁選では、地方票ではトップを取ったが、議員票で安倍総理に逆転を喫した。以来、派閥を作ったりメディアへの露出を増やしたり、はたまたコスプレまでして注目度向上を狙ってきたようだが、ここにきて決定的な「意思表示」を行った。

 月刊日本4月号が特集した「安倍から日本を取り戻す」で、安倍政権批判側に参画。他の執筆陣はノイホイこと菅野完、盗撮と痴漢で有名な植草一秀、自民党に在籍するのが不思議なくらいの村上誠一郎らが名を連ねるが、「安倍から日本を取り戻す」というテーマで論文を掲載することの意味と、それが有権者に与えるインパクト、印象などは、石破はよく理解してのアクションなのだろう。

石破


 月刊日本は一応は保守系の論壇誌という位置づけだが、過去も含めて執筆陣には多くのサヨクも名を連ねている。テーマは、「日本を取り戻す」という安倍政権のキャッチフレーズを逆手に取った「安倍から日本を取り戻す」で、反安倍勢力が好んで使用するものだ。キャッチフレーズを事前に耳に入れていたかは定かではないが、編集者から趣旨は聞いていたはずだ。拙ブログでは7日のエントリーで「後ろから石破」と書いたが、それも含め、一連の言動は、自民党支持者の反発を買っても、賛同を得ることは少ないだろう。

 もうひとり、安倍総理の背後から矢を放つのが、小泉純一郎だ。水戸市での講演後、記者団のインタビューに、小泉はこう答えている。

 (安倍晋三首相の総裁3選について)まあ、難しいだろうな。もう信頼がなくなってきたな。何言ってもね、言い逃れに取られちゃう。言い訳。適材適所の人事も、関係したら辞めるとかね。日本語その通りに取れば、誰だって関係してるのは知ってますよ。

 (いまの安倍内閣について)これは、安倍総理が(昨年2月に「私や妻が関係していれば総理大臣も国会議員も辞める」と発言し)、あれから端を発したんだよ。野党も真剣になって。あの頃既に、昭恵夫人が森友学園の名誉(校長)をしてるんだよ。名誉(校長)をしているのに、なんで関係ないって言えるのか。言い訳してるような状況だからね。関係しているのが分かってるのに、なんであんなことを言ったのか分からない。


 首相経験者は政治的影響力を行使しないというのが、政界の不文律であるはずだ。民主党政権という例外はあるものの、ここしばらくの自民党政権では、この不文律が守られてきた。しかし、小泉は、反原発を唱え、都知事選に細川護熙を担ぎ出し、そして惨敗した。今度は安倍政権批判である。

小泉純一郎


 息子が頂点に登り詰めるのを、目が黒いうちに確かめたいのか。言っていることは朝日新聞のそれとそう変わりない。総理や昭恵夫人の「関与」について、安倍総理は土地取引にかかわって「私や妻が関係していたということになれば」と発言しているのであって、小泉は朝日や反安倍野党と同じく、その関与の幅を勝手に広げているだけだ。一種の揚げ足取りであって、論点がずれている。こういう言説を、反日メディアや野党が利用することを分かっていて、小泉は発言しているのだろう。

 反原発運動と都知事選で既に晩節を汚した小泉純一郎だが、老害認定される前に、早く身を引いた方が良い。現職の総裁の背中から矢を放つような姑息な手法を取れば、息子の出世に良い影響があるとは思えない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/04/16 07:09 ] 政治 | TB(0) | CM(13)
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ