FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2018年04月15日

全国紙で呼びかけてこんだけ? ~ 0414国会前大行動

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨日14日、国会前で「0414国会前大行動」なるデモが敢行された。いわゆる「安倍やめろデモ」である。

 田中龍作のブログから引用しよう。

「安倍辞めろ」デモ 過剰警備のなか国会前決壊 (田中龍作ジャーナル

 「公的文書改ざんするな」「安倍は辞めろ」・・・怒気をたっぷりと含んだシュプレヒコールが、国権の最高機関に突き刺さった。
 警察は鉄製のバリケードを番線(太目の針金)で止め、容易に決壊しないようにした。
 午後3時30分。デモ隊は車道から正面突破を図った。真正面に議事堂がそびえる。警察はバリケードを閉めて入れさせまいとした。
 南北両側歩道の警備は手薄となった。5分後、南側歩道のバリケードが決壊、続いて北側も決壊した。
 議事堂正門につながる車道に市民が洪水のように なだれ込んだ。決壊は2015年の安保法制反対デモ以来初めてだ。
 「安倍は辞めろ」。人々はシュプレヒコールをあげながら議事堂に向かって突き進んでいった。(以上、抜粋)


 なんだか、昭和の安保闘争のリプレイのようでもある。主張にはほとんど触れず、官憲が設置したバリケードを突破する自分たちに陶酔している文章にしか思えない。

 各種左派報道機関は、主催者発表の3万人を受け売りで報道。TBSは「のべ5万人」という付録まで付けた。その映像がこれだ。

0414国会前大行動


 スカスカだ。市民らが密集しているのは警察の車両の前だけで約50mも離れれば密度が急激に減る。TBSの空撮によって、デモの規模が逆に証明された恰好になった。そもそも、朝日、毎日、東京などの紙面半分を使った「意見広告」とやらで大募集した結果がこのありさまだ。中にはもちろん、動員もあるだろうから、主催者の思惑通りに事は運ばなかったということでしかない。

 こういう野党サポーターを前に、国会議員も煽りに加わった。

 立憲民主党の長妻昭代表代行は「政府・与党が本当に真相究明をしたいと思えば、森友、加計問題は1カ月あれば全部真相究明できる」と指摘。与党側に真相究明に応じるよう求めた。(朝日)


 1か月あれば全部真相究明できるのだそうだ。この人物は民主党で「ミスター年金」と呼ばれていたころ、民主党が政権を取れば、年金問題などたちまち解決できると息巻いていたが、政権奪取後には何もできなかった。「言うだけただ」の野党は、かくも楽な商売である。

共産党の志位和夫委員長は「森友も加計も、首相夫妻の疑惑は真っ黒に近いグレーになっている。出すべきうみは首相自身ではないか」と批判。(朝日)


 前国税庁長官の佐川氏を国会に招致しろ要求した野党だが、佐川氏は安倍夫妻による森友学園への関与を、完全に否定した。ここで疑惑は決着しているのだが、野党には、これを疑惑のままにしておく必要があるということだ。国家に証人を呼んでおいて、その証人の証言が使えないと思ったら、簡単に捨ててしまうのだ。真実を究明することが野党の目的ではない。打倒安倍政権だけが彼らの目的だということだ。

 くしくも同14日、トランプがシリア攻撃を指示し、米英仏3カ国がシリア攻撃を開始した。中東で戦闘が勃発し、北朝鮮情勢は米朝首脳会談を前に、緊迫している。こんな国際情勢の中、モリカケというくだらない問題で国政が左右される異常さを、国民は自覚すべきだろう。出すべき膿は、北朝鮮問題などから国民の目を逸らそうとする、左派メディアと倒閣野党のほうではないか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/04/15 11:07 ] 政治 | TB(0) | CM(19)
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ