FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2018年04月11日

「加計ありき」ではなく「安倍政権怪しい」ありき

← 応援クリック、ありがとうございます。

 朝日新聞の報道は、心血を注ぐ倒閣運動にというレベルを超え、「倒閣に全精力を傾ける」と表現したほうが良いかもしれない。朝日は昨日の朝刊で、学園を誘致する行政、学園側が当時の首相秘書官だった柳瀬議員と面談した際、柳瀬氏から加計学園が「首相案件」だという発言があったとの文書を発見した、と報道した。

「本件は、首相案件」と首相秘書官 加計めぐり面会記録 (朝日)

 学校法人「加計(かけ)学園」が愛媛県今治市に獣医学部を新設する計画について、2015年4月、愛媛県や今治市の職員、学園幹部が柳瀬唯夫首相秘書官(当時)らと面会した際に愛媛県が作成したとされる記録文書が存在することがわかった。柳瀬氏が面会で「本件は、首相案件」と述べたと記されている。政府関係者に渡っていた文書を朝日新聞が確認した。

 文書は「獣医師養成系大学の設置に係る内閣府藤原次長・柳瀬首相秘書官との面談結果について」との題名で、15年4月13日の日付が記されている。

AS20180410003471_comm.jpg


 経緯を知る愛媛県の関係者は、朝日新聞の取材に対し、「加計学園の誘致交渉を進める中、国への要望を行う過程で、様々な国の関係部署に状況を説明するため、配布した文書である可能性は否定できない」としている。現在、経済産業審議官を務める柳瀬氏は昨年7月25日の参院予算委員会で、この面会について「私の記憶する限りはお会いしていない」と複数回、答弁している。(以下略)


 昨夜、珍しく報道ステーションを冒頭から観たが、トップニュースとして伝えられたこの件の報道ぶりを見てみると、この番組の視聴者は簡単に誘導されると感じた。とにかく、疑惑が罪というレベルで報道されている。しかも、政府側の反論の根拠が乏しいとし、お決まりの「疑惑は深まった」で結んでいる。疑惑を撒き散らし、「無実を証明せよ」と言っているのだ。

 柳瀬氏は報道があった昨日の朝、朝日の報道に対してコメントを発出しており、その中で「(今治市などの)具体的な地点の選定手続きは、私が総理秘書官の職を離れてかなり時間がたってから始まったこと」とし、「私が外部の方に対して、この案件が首相案件になっているといった具体的な話をすることはあり得ません。」とはっきり否定している。報ステはその内容については報道しておらず、ただ柳瀬氏の「コメントの通り」という発言のみを伝えた。これもフェアではないだろう。

 疑惑を巻き散らし、「反証責任はそちら側にある!」と言えば、誰でも疑惑の渦中に引きずり込める。よしんば、柳瀬氏が本当に「首相案件」と言ったとしても、首相が座長を務める国家戦略特区という目玉政策であるから「首相案件」となるわけで、筋違いの表現とも言えないだろう。

 朝日のような左派メディアや野党の追及のポイントは、加計学園の獣医学部解説に際し、首相から何らかの便宜があったのではないかという点だろう。ここを証明できれば安倍総理の首は取れる。だがしかし、そのことは前愛媛県知事の加戸氏の国会証言で証明済みだ。残るは忖度。だが、忖度で首を取ることは不可能だ。

 結局、反安倍派は森友、加計問題を永遠に継続させることによってしか、その存在意義をアピールできないのだ。トランプと金正恩の会見は来月から差来月初旬にかけてと言われている。その前に、日米首脳会談がある。日本外交にとっては、最重要案件が目前にあるのだが、反安倍派には大局観はなく、もっぱら打倒安倍なのだから、国政を遅滞させていると言われても致し方ないだろう。

 政治のレベルは、与党ではなく、野党が決める。今の政治は、言うまでもなく「底辺」だ。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/04/11 07:10 ] 政治 | TB(0) | CM(9)
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ