FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2018年03月28日

野党の狙いはひとつ ~ 森友学園問題の解決は眼中になく、むしろ問題にし続けること

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨日、佐川元国税庁長官の証人喚問が、衆参両院で行われた。文書書き換えという、国民に対しての背信行為はあったものの、テレビカメラを入れての公開処刑の様相だ。私は昨日、会議の連続だったが、Twitter等で喚問の行方を追っていたが、証人喚問自体は野党の惨敗と言えるだろう。

 佐川氏は、文書書き換えの経緯や自らの関与については「刑事訴追の恐れ」を理由に証言拒否を繰り返した。予想された結果であり、野党が肩透かしを食らったわけではない。しかも、証言拒否は議院証言法において証人に与えられた権利だ。これについて、各党は一斉に批判的なコメントを発表している。

・民進 大塚 「疑惑は深まった」
・立憲民主 陳 「疑惑はますます深まったと言わざるをえない」
・共産 志位 「疑惑はいっそう深まった」
・立民 生コン 「疑惑の火の粉が広がった」
※その他、どうでもよい連中は省略

 これもまた、予想通りのコメントだ。彼らはこの「疑惑は更に深まった」というコメントを発表するために、佐川氏の招致を求めたも同然なのだ。南朝鮮が慰安婦問題を引きずるように、野党や左派メディアにとって、森友学園問題が終息してしまっては困るのだ。

佐川氏


 この証人喚問における最大の収穫は、佐川氏自身が、虚偽の陳述が罪に問われる証人喚問において、学園への国有地貸し付け、売却に関し、安倍総理および昭恵夫人が関わったことはないと証言したことである。これは、冒頭の金子委員長、丸山議員に対して明らかにし、4時間の喚問の最終質問者である維新の丸山議員は、ありとあらゆる仮説を立てて総理と昭恵夫人、麻生財務相の関与、指示を問うたが、佐川氏はすべて否定をした。これで「確定」である。このことについても「疑惑は深まった」というなら、証人喚問の意味がない。

 そもそも今回の佐川氏の証人喚問は、野党が要求したものだ。浅はかな彼らは、政権を追い込める証言が取れるとでも思っていたのか。そう思って喚問に臨み、自分たちの望む証言が取れなかっただけの話で、望む証言が取れないと「納得できない」とゴネる。一事が万事、これなのだ。小学生でももっとまともなゴネ方を知っているだろう。

 世界は動いている。金正恩が支那を訪問し、東アジア情勢は、南北朝鮮首脳会談、米朝首脳会談を前に、緊迫の度を高めている。トランプは中間選挙を見据え、安全保障を理由に、鉄鋼貿易に対する関税を主張し、北京も報復に動き出した。日本だけがガラパゴス化し、森友学園問題に明け暮れている状況だ。いったいいつまでこの問題を引きずるのか。

 野党は昭恵夫人や総理夫人付きの政府職員、谷査恵子氏の証人喚問を求めているという。彼らの狙いは明らかだ。森友学園問題の解決などを彼らの眼中になく、むしろ、森友学園問題を問題にし続けることだ。こんな中で昭恵夫人を引きずりだせと言う石破茂、安倍内閣の退陣を求めた村上誠一郎などは、クズ中のクズである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/03/28 07:10 ] 政治 | TB(0) | CM(8)
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ