私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2018年03月13日

虚言癖持ちの籠池氏の口述のみで昭恵夫人に非を求めるのは無理筋だ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 財務省が12日、森友学園への国有地売却をめぐる決裁文書に書き換えがあったことを与党幹部に報告した。書き換えがあったのは、平成28年6月に国有地の売買契約を結ぶ際の決裁文書に添付した調書など14の文書。書き換え時期は、国有地売却問題発覚後の昨年2月末以降だという。国有地が大幅な値引で売却されていた件が取り沙汰されきされるようになったころだ。

 書き換えられた文書では、鴻池祥肇、平沼赳夫、鳩山邦夫、北川イッセイという4名の政治家の名前も削除されていた。削除されたことで「怪しい」という疑惑が増幅するような印象を受けるが、陳情は国民の権利であり、陳情を繋ぐのは政治家の仕事の一部である。その陳情のつなぎに際して「政治的圧力」をかければ別だが、それが事実として確定していない時点で罪を問うのは行き過ぎである。陳情が悪なら、獣医師会云々でブーメランを喰らった玉木雄一郎など、政治家を辞めなければならないはずだ。

麻生財務相


 さて、野党や反日メディア、サヨク政党支持者の追及は、安倍昭恵総理夫人に集中する。安倍総理が昨年2月、森友問題に関して「私や妻が関係していたということになれば、首相も国会議員も辞める」と発言したことにより、これが反安倍派にとっての「言質」となり、彼らはこの書き換えを「またとないチャンス」と捉え、批判を激化させている。いや、劇化と言っても良いだろう。

 彼らのターゲットは、この部分だ。

 財務省が国会に提出した決裁文書からは、政治と学園側の関係について記述した箇所は削除されていた。書き換え前の文書には、14年4月に学園側が近畿財務局との打ち合わせで「安倍昭恵首相夫人を現地に案内し、夫人からは『いい土地ですから、前に進めてください。』とのお言葉をいただいた」と記されているが、書き換え後は昭恵氏に関する記述はない。(日経


 世間では、この昭恵夫人の『いい土地ですから、前に進めてください。』ということばが、役所に直接伝えられたかのように捉えられているようだ。しかし、この発言は「学園側が」という記述の通り、籠池氏の口から出されたものであり、証拠とはなり得ないのだ。籠池氏の虚言癖は「既知情報」である。国有地の買い取りを有利な条件で進めようとする籠池氏にとって、昭恵夫人の存在は役所相手には便利だったはずだ。少なくともこの発言は伝聞であり、野党やメディアが昭恵夫人に直接的な責任を求めようとするのは、私には行き過ぎのように思える。
 
 こういうことを書くと、またコメント欄で「馬鹿な安倍信者」という言葉の暴力が飛んでくるのだろうが、安倍政権に非を求める方もそうでない方も、事実関係はいまだ知り得ていないのだ。一方的に馬鹿呼ばわりされても困るというもの。要は、説明責任を帯びるのは、先ずは財務省の側なのだ。麻生財務相は、「財務省理財局からの指示で書き換えが行われた」と語っている。中央省庁が地方局を使って事実を改竄し、大臣や官邸までも騙したとなれば、事は省庁再編まで行き着くかもしれない。

 いずれにせよ、昭恵夫人の「いい土地ですから、前に進めてください」という発言は、嘘を平気で吐く籠池氏から出たもので、証人は一人もいないことを、メディアは報道すべきである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/03/13 07:08 ] 政治 | TB(0) | CM(24)
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: