FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2018年03月12日

財務省文書書き換え問題 ~ 類推だけで断罪するのは魔女狩り以下の愚行だ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 財務省が今日公表する調査結果で、森友学園をめぐる決裁文書が書き換えがあったことを認めるという。直接の因果関係は不明だが、森友問題は大阪ローカルの問題ながら、自殺者まで出している可能性がある。都合の悪いことを隠蔽せず、事実を可能な限りつまびらかにして欲しい。

森友学園


 さて、この財務省の不手際に色めき立つ倒閣野党は、問題を更に肥大化されるべく、政権批判の論調を強めている。下記は、メディアからの抜粋だ。

森友学園への国有地売却をめぐる問題で、財務省が決裁文書の書き換えを認める方針を固めていることについて、共産党の志位委員長は、文書が改ざんされたのであれば麻生副総理兼財務大臣だけの問題にとどまらないとして、安倍内閣は退陣すべきだという考えを示しました。(NHK)


希望の党の玉木代表も記者団に対し、「事実だとしたら内閣全体の責任が問われる。麻生大臣が改ざんの事実を把握したうえで佐川氏の辞任を認めたなら、麻生大臣の辞任を求めていかざるをえない」と述べました。(NHK)


 与野党は11日のフジテレビ番組で、学校法人「森友学園」への国有地売却問題を巡り、財務省が決裁文書の書き換えを認める方針を固めたことに関して論戦した。希望の党の玉木雄一郎代表は「麻生太郎副総理兼財務相の責任はまず免れない。安倍内閣全体の体質と責任が問われる問題だ」と述べ、政権への批判を強めた。(東京・中日)


 安倍政権批判しか能のない野党の論調は一様だ。それは、この文書書き換えの問題を、財務省内部の問題にとどまらず、麻生財務相の辞任にとどまらず、安倍政権全体の問題だと、問題の影響範囲を恣意的に拡大していることだ。打倒安倍政権が党是というか、それしかない野党にとっては、財務省の文書書き換えはオイシイねたなのだろう。

 詳細は、今日の財務省の発表内容を待たなければならないが、野党が一様に安倍政権の退陣を求めるのは、「本件の特殊性」という文言が、開示された文書から削除されていた点を問題視しているからだ。野党は、この「本件の特殊性」を、安倍総理、または昭恵夫人の関与に結びつけようとしている。しかし、「本件の特殊性」という表現から、その「特殊性」が何かということを読み取り、断定することはできない。それらが事実と確定したならいざ知らず、可能性のみで政治の側に責任を求めるのは、行き過ぎだ。

 先ずは財務省の説明が先だ。問題の焦点は、何故書き換えを行ったかの理由であり、それが直接安倍政権に引火するとは思われない。よしんばその書き換えに「忖度」があったとしても、忖度は安倍総理が何も支持していないという意味であり、責任追及のどころがないのだ。類推が過ぎ、印象操作のみで特定の人物に責任を負わせようとするなら、それは魔女狩り以下の愚行だ。中共や平壌と同じではないか。

 財務省は野党やメディアに対してではなく、国民に説明せよ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/03/12 07:09 ] 政治 | TB(0) | CM(11)
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: