FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2018年03月06日
月別アーカイブ  [ 2018年03月 ] 

朝日新聞が「日韓関係の未来志向」を語る愚

← 応援クリック、ありがとうございます。

 「日韓関係は未来志向で」ということばをよく聴く。未来志向とは「未来に目標を定め向かうこと」(デジタル大辞泉)という意味だが、日韓関係における未来の目標というのは、果たして存在し得るのか。もし未来の目標があるとすれば、「過去にとらわれない」ということになるだろうが、そんなことは南朝鮮には不可能だ。彼らの思考の根底にあるのが「恨」であり、その「恨」を捨てれば彼らはアイデンティティを失う。南朝鮮の対日行動規範は、「恨」のために過去を持ち出すことであり、未来や将来のためには過去が絶対に必要なのだ。

 その「日韓の未来志向」を、5日、朝日新聞は社説に持ち出した。「日韓歴史問題 ともに未来に進むには」と題した社説は、上辺では、「三・一独立運動記念日」における文在寅の反日強硬発言を批判している。式典会場を会場を、日韓併合時に独立運動家が収監されていた刑務所跡に変更し、竹島を「朝鮮半島侵奪」の歴史として取り上げたほか、いわゆる慰安婦問題では「加害者である日本政府が『終わった』と言ってはいけない」と語ったことを取り上げている。

 その直後に出て来る一説が、まさに朝日新聞らしいのだ。

 日本がかつて国策を誤り、アジアに多大な苦痛を与えたのは歴史の事実である。韓国が苦難と克服の歩みを振り返り、現在の国民統合に役立てようとするのは、無理からぬ面がある。


 「日本がかつて国策を誤り、アジアに多大な苦痛を与えた」というのは村山談話のコピーだ。村山談話では、「わが国は、遠くない過去の一時期、国策を誤り.....植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました」という文句がある。村山談話とは、南鮮の対日外交においては大変に利用価値がある人質のようなものだが、その南鮮側のカードを、朝日は社説で活用している。村山談話が発出されたことは、我が国にとって痛恨の極みだが、この歴史的譲歩を、南鮮のみならず朝日も最大限に利用する。これが朝日の流儀なのだ。

朝日新聞 謝罪


 既に我が国の常識となったように、いわゆる慰安婦問題とは、朝日が焚き付けた創作である。この朝日が流し続けた創作記事は、一向に改善しない日韓関係における最大の理由なのだ。その前提で、朝日の社説の結びの部分を読むと、あきれてものが言えなくなる。

 文氏の演説について日本政府は、慰安婦問題の日韓合意に違反していると反発している。
 合意の順守を求めるのは当然だが、一方で、ことさら合意を盾に歴史問題の論議を封じようとするのは適切ではない。
 先月のスイスでの国連人権理事会で、戦時下の性暴力の問題が取り上げられた際、韓国政府が慰安婦問題に言及した。それについても日本政府は、合意違反だとして反論した。
 合意は、国際社会での互いの非難を控えることをうたっているが、それは史実について一切持ち出さないという取り決めではない。戦時下の性暴力問題については、日本政府も取り組みを表明しているはずだ。
 互いに隣国を無用に刺激しないよう細心の注意を払いながら歴史問題を管理する。その努力を重ねてこそ、日韓がともに未来に進むことができる。


 自社の捏造や誤報を管理できていない新聞社が、歴史問題の管理を促すとは、「何様のつもりだ」と言いたくもなる。しかも、朝日は慰安婦捏造報道によって、南鮮国民のナショナリズムを「刺激」した当事者なのだ。歴史問題の管理を説くなら、自社が流布した誤報や捏造の類を、国際社会で「嘘でした」と白状し、土下座するのが先だろう。

 日韓合意は、慰安婦問題を国際社会で取り上げないことを「約束」している。日本の南鮮に対する批判は、南鮮の歴史観への向けられたものではなく、「合意違反」に対する批判である。「隣国を無用に刺激しないよう細心の注意を払へ」というが、これは朝日流の美辞麗句であり、「南鮮の言い分を呑め」ということに他ならない。

 ひとつ言えることは、朝日新聞は日本国民の未来志向にとっては無用であり、そのカビの生えたイデオロギーだけでなく、存在自体が有害だということだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/03/06 07:09 ] メディア | TB(0) | CM(7)
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: