私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2018年03月05日
月別アーカイブ  [ 2018年03月 ] 

嫌韓、非韓から「棄韓」へ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 平昌五輪で銅メダルを獲得したカーリング女子日本代表のメンバーが試合中の休息時間「もぐもぐタイム」で食べ、すごく美味しいとコメントしたイチゴについて、斎藤農水相が「以前に日本から流出した品種を基に、韓国で交配されたものが主だ」と指摘し、「海外でも知的財産権を取得し、仮に流出が発見された場合は、栽培や販売の差し止め請求などを行うことが重要だ」と強調した。日本もだいぶん物言える国家になったものだと思う。日本の技術やノウハウは、特亜を中心に類似・コピーが出回りし、知的財産権の放棄が常態化していた。劣化コピーの代表格は支那だが、南鮮とてその仲間であることには変わりない。このような発言はもっとすべきであるし、発言とともの実行力が要求される。

 違法コピーを指摘された側の南鮮だが、文在寅の迷走は留まるどころか、一層加速している。日本のアスリートの活躍を除けば、平昌五輪の記憶として残ったのは政治ショーである。政治利用になかば成功したのが北朝鮮であり、文在寅はその露払い役を進んで引き受け、南鮮国内でも批判が強まっているという。そんな文在寅は、批判などには聞く耳持たず、より深い南北朝鮮関係を模索しているようだ。

トランプ氏、情報共有要求=北朝鮮への特使派遣で文氏に (時事)

 【ソウル時事】韓国の文在寅大統領が1日、トランプ米大統領との電話会談で、北朝鮮に近く特使を派遣する計画を伝えたのに対し、トランプ氏は「分かった」と了承した上で、「(派遣されたら)そこで起きたことに関し、われわれと十分(情報を)共有してほしい」と求めていたことが分かった。韓国大統領府高官が2日、記者団に明らかにした。
 トランプ氏は特使派遣に理解を示しながらも、南北間の「密室の協議」による先走りに警戒感もにじませた形だ。
 両首脳の電話会談については、韓国大統領府が「南北対話のモメンタム(勢い)を維持し、これを朝鮮半島の非核化につなげていく努力を続ける方針で一致した」と説明。一方、ホワイトハウスは「北朝鮮とのいかなる対話も『完全かつ検証可能で不可逆的な非核化』という目標が伴わなければならないと確認した」と発表し、非核化目標をめぐり温度差が浮き彫りになっている。


文在寅


 この報道から読み取れるのは、文在寅が既に米国のコントロール外で活動しているということであり、米韓の関係が既に崩壊の道へ進んでいるという現実だろう。北朝鮮の非核化は、日米韓の共通認識である。恐らく中共も、温度差はあれど、北の非核化には賛同するだろう。中共のグリップが効かない平壌の独裁者を、中共が放置するわけはない。その「北の非核化」という大前提を、文在寅は聞いているふりをして実は聞いていない。彼の頭の中にあるのは南北融和と近い将来の統合のみだ。

 朴槿恵までは、米国のグリップは効いていた。南鮮が望まない慰安婦日韓合意は、米国の介在なしには成立しなかったはずだ。しかし、今度ばかりは例外だ。米国の『完全かつ検証可能で不可逆的な非核化』という目標が伴わなければならないというスタンスの表明は、南北朝鮮両方へのメッセージだろう。米国は、同盟国である南鮮にさえ、圧力を隠さないようになった。

 文在寅も南鮮も、もはや制御不能なのだ。かねてから平壌の浸透が既成事実のように語られる青瓦台から、様々な発言が出てきている。韓国大統領の外交安保特別補佐官である文正仁は、「韓国大統領が駐韓米軍に出ていけと言ったら出ていくべき」と、公然と語ったそうだ。国防部の長官が、野党の「主敵は誰か?」と聞かれ、「断言するのは難しい」と語った。とどのつまりはこれだ。


 保守派は今まで、非韓を是としてきた。筑波大教授の古田博司氏が提唱する『助けない、教えない、関わらない』を軸とする『非韓三原則』が支持されてきた。しかし、そろそろ非韓から「棄韓」へのシフトが必要な時期だ。日本は、憲法改正、日米同盟に加え、独自の防衛力を備え、この東アジア情勢に備えるべきである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/03/05 07:07 ] 外交 | TB(0) | CM(7)
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: