FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2018年01月25日
月別アーカイブ  [ 2018年01月 ] 

安倍総理の平昌開会式出席に断固反対する

← 応援クリック、ありがとうございます。

 安倍総理が、一転、平昌五輪の開会式に出席する方向で調整に入ったという。これまで伝え漏れてくる情報は、出席見送りが濃厚であることを示していたが、いつからか風向きが変わったのだろう。ネットでは、出席を促すために動いていた二階、竹下ら自民党幹部の調整や、公明党山口の要請ともとれる発言によって、出席せざるを得なくなったという意見もちらほら見える。しかし彼らは、総理が屈する相手としては軽すぎる気がする。とはいっても、最大の動機はいまだ不明だ。

安倍晋三首相の平昌五輪開会式出席、リスクを取ったぎりぎりの決断 「慰安婦の日韓合意を終わったことにさせない」(産経)

 今回の産経新聞のインタビューや、首相の周辺取材を通じてみえてきたのは、リスクを取ることをいとわず、批判を覚悟して為すべきことを為そうとする「政権を担う者の責任」(安倍首相)だった。
 「韓国の文在寅大統領は日韓合意をおとしめ、日本に新たな措置を求めることを表明して、それで話を終わらせようとしていた。そうはいかない。安倍首相は文氏に、合意を履行して在韓日本大使館前などの慰安婦像を撤去しろと言う」
 首相周辺は語る。大統領選で、合意見直しを公約していた文氏の国内世論対策に日本政府は付き合わず、あくまで誠実な合意履行を突き付け続けるということである。それも、文氏にとって晴れ舞台となる五輪の機会に、最高の見せ場であるはずの首脳会談でだ。
 文氏の国内向けの「日本に言うべきことを言ってやった」というパフォーマンスを許さず、韓国には約束を果たす義務があると内外に示す狙いがある。


 失礼ながら阿比留さんの記事なので、安倍総理寄りの内容になることは含み置かねばならない。各社の世論調査によれば、「開会式に参加すべき/すべきでない」の調査結果は数字が拮抗している。しかし、「すべきでない」とする側に内閣・自民党支持者が多いことを勘案すれば、総理は自身の支持層を敵に回すことになる。第一次安倍政権が崩壊した理由のひとつに、靖国参拝を見送る等々による、この「支持層を敵に回す」というものがあった。それを最も理解しているのは、安倍総理自身であるはずだ。

安倍総理


 そもそもこの平昌五輪は、平壌五輪と揶揄されるほど、北朝鮮による政治利用が著しい大会だ。平壌が台本を書き、その台本に青瓦台が場所を提供し、ついでに共演するパフォーマンスである。この場合、現地で大会に花を添える各国首脳は脇役でしかなく、金豚に利用される道化となりかねない。そういう利用のされ方は、日本国民として願い下げなのだ。まして南鮮は、日本との約束を破り続ける国だ。誤ったメッセージを送ることになるというより、その政治ショーを脇で支えることになるのだから、保守派は参加すべきでないと言っているのである。

 阿比留さんの記事によれば、安倍総理は文在寅に対し、文と南鮮が注目を集める晴れ舞台で「約束を守れ」と言うことで、青瓦台に最大の圧力をかけようとしているということだ。しかし、これはいささか思い切り過ぎなギャンブルだろう。なるほど、恥をかかせるには恰好の舞台だ。しかし、舞台はあくまでアウェイだ。日本国内では、総理の南鮮行きに批判と失望の声が渦巻くだろう。

 文の魂胆は、安倍総理の開会式出席を政治利用するだけだ。開会式における安倍総理というキャスティングは、そこで終了する。いままで非礼を働いてきた相手である。首脳会談のドタキャンなど、可能性が皆無と言えるのだろうか。そういうことを考えるだけでも、リスクは限りなく高い。

 いままでブログでも散々書いてきた通り、私は総理の南鮮行きに断固反対だ。自民党内では傘下に猛反発があるようで、それ自体は、自民党がまだ健全さを残していることの証拠だろう。ただし、一度決めたことをひっくり返せば、総理総裁としての求心力の低下を招くため、総理が決断を変えることはないだろうと想像する。その場合、首脳会談での日韓合意遵守を迫る強硬な姿勢を内外に示すことができなければ、総理は自ら墓穴を掘るだけになる。

 それにしても、だ。今回の日程調整で総理の外堀を埋めた、二階俊博、竹下亘両氏は、まさに万死に値する。過去の過ちから学ばず、ひたすら特アに媚びるこういう議員こそ、自民党から消えてもらいたい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/01/25 07:07 ] 政治 | TB(0) | CM(10)
カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ