FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2018年01月11日

対韓外交に必要なのは、協力ではなく「制裁」だ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 青瓦台外交部長の日韓合意に関する会見を受け、メジャー各紙が社説でこの問題を論評している。が、読売、朝日、毎日、産経のうち、毎日新聞はきれいにスルーだ。まぁとんでもないことを書くよりも、何も書かないほうが良いとも言えるが、南北朝鮮の対話について書きながら、日韓合意をスルーする姿勢には首をかしげる。

 予想通りというか、朝日新聞は最悪の社説を掲載した。

 何よりめざすべきは、元慰安婦のための支援事業のていねいな継続であり、そのための日韓両政府の協力の拡大である。
 その意味では日本側も「1ミリたりとも合意を動かす考えはない」(菅官房長官)と硬直姿勢をとるのは建設的ではない。
 アジア女性基金では歴代の首相が元慰安婦におわびの手紙を送ってきた。韓国側から言われるまでもなく、合意を守るためにその範囲内でできる前向きな選択肢を考えるのは当然だ。
 平昌五輪の開幕まで1カ月を切り、きのうは南北会談が板門店で実現した。朝鮮半島情勢は予断を許さない状況が続く。
 歴史に由来する人権問題に心を砕きつつ、喫緊の懸案に共に取り組む。そんな日韓関係への努力を滞らせる余裕はない。


 「最終的かつ不可逆的に解決」された問題について、合意事項の履行を完了している日本にとって「拡大すべき協力」はない。仮に協力することがあったとしても、日本大使館前のビッチ像の撤去を含め、先ず南鮮側の履行を求めるべきだ。朝日が言う「歴史に由来する人権問題」とは、「朝日の捏造に由来する反日とタカリの構図」でしかない。そして朝日は、日韓関係の協力を滞らせているのは南鮮である事実を棚上げし、両者に応分の努力を求めている。この新聞、やはり性根が腐りきっているとしか言いようがない。

 昨日、文在寅がようやく会見を開いた。康京和外交部長に先に会見させ、新方針の趣旨を述べさせたのは、自身への風当たりを多少なりとも弱めるためだったのだろう。しかし、日韓合意を事実上無効化する意図を察知した日本人の反韓感情に火が付いたところに、自ら油を注いだようなものだ。

文在寅


 文の会見の趣旨は、下記のとおりだ。

 一、平昌冬季五輪を南北関係改善と朝鮮半島の平和の転機としなければならない。
 一、従軍慰安婦問題を巡る日韓合意は両国間の公式的合意という事実は否定できないが、誤った問題は解決しなければならない。
 一、慰安婦問題を巡り韓国は、外交的な問題の中、十分に満足できなかったとしても現実的に最善の方法を探した。
 一、合意に基づき日本が拠出した10億円は問題解決に向けて良い目的で使えるなら望ましい。
 一、日本が心から謝罪するなどして、被害者たちが許すことができた時が本当の解決だ。
 一、日本とは心を通わせた真の友人となることを望む。歴史問題と未来志向の協力を分離して努力していく。
 一、今年が朝鮮半島の平和の始まりとなるよう最善を尽くす。その過程で日本や米国、中国など国際社会と協力する。(聯合=共同)


 日本の10億円は、自称慰安婦たちに対する福祉・支援という、両国合意の目的の上で拠出された。それを、合意した目的以外に使用することは邪道であり、好むと好まざるとにかかわらず、それを負担した日本国民に非礼である。繰り返し述べてきたが、いわゆる慰安婦問題は、南鮮側の「不可逆的」という提案をのんだ形で「解決」しており、謝罪が不要であることは言うまでもない。

 個人的に、ポイントはこの部分だと思う。

 一、日本が心から謝罪するなどして、被害者たちが許すことができた時が本当の解決だ。


 「心からの謝罪」は極めて曖昧だが、文は意図的に曖昧にしていると考える。日本が再び謝罪することはありえないが、仮に謝罪したとしても、南鮮側が「心がこもっていないからやり直し」と言える余地を残しているのだ。「被害者たちが許すことができた時」という表現も同じである。被害者が許さない限り、この問題を「解決していないから蒸し返す」という意味であり、例え存命の自称元慰安婦たちが鬼籍に入っても、遺族が「許さない」と言えば、彼らは日本に対して無限にタカレるのだ。文在寅がこの文章に込めた狙いは、合意の無効化どころか、慰安婦問題の永続的問題化なのだ。そして、日本が対応を拒否すれば、「日本が拒んだあので、合意を破棄する」というシナリオも、当然あり得るのだ。

 日本はそろそろ、南鮮との関係を切ることを考えてもよいのではないか。国際合意をいとも簡単に反故にするどころか、日米韓を中心とした国際社会が対北包囲網を築こうとしている最中、金正恩の誘いに尻尾を振っている。交際合意を破ると宣言しておきながら、ぬけぬけと「歴史問題と未来志向の協力を分離して努力」と言っている。慰安婦や徴用工問題では日本を糾弾するが、半島から金を引き上げるのだけは勘弁を、ということだ。このバカは、虫が良すぎるこの要求を、日本が飲むと思っているのか。

 駐韓日本大使の帰国程度では生ぬるい。南朝鮮相手に、制裁を加える時である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/01/11 07:06 ] 外交 | TB(0) | CM(9)
カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ