FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2017年12月22日

脱原発には「早く工程表を示せ」と主張しながら、期限を切った改憲にはケチをつける、朝日新聞のダブスタ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 朝日新聞というのは姑息なメディアである。昨日の社説「憲法70年 筋道立たない首相発言」を読んで、改めてそう思った。昨日のこの社説は、自民党憲法改正推進本部の会合での9条の扱いを受け、安倍総理が邪悪な改憲の旗振り役に仕立てあげ、批判を展開したものだ。下らないので、全文引用は控えるが、この新聞は、とにかくスケジュールを切った改憲に青筋を立てて反対している。

憲法70年 筋道立たない首相発言(朝日社説 2017/12/21)

 旗振り役は言うまでもなく首相である。5月の憲法記念日に自衛隊明記の構想を示し、「2020年を新しい憲法が施行される年にしたい」と語った。

 自民党が東京都議選で惨敗した7月以降、「スケジュールありきではない」と発言を変えたが、一昨日の講演で再びこう踏み込んだ。「2020年、日本が大きく生まれ変わる年にするきっかけとしたい。憲法について議論を深め、国の形、あり方を大いに論じるべきだ」

 この日も「スケジュールありきではない」と付け加えたが、衆院選の大勝を受けてアクセルを踏んだようだ。

 あらためて指摘しておく。

 改憲を発議する権限は国会にある。行政府の長である首相が自らの案を期限を切って示し、強引に進めようとするなら筋違いというほかない。

 「20年」を強調するのは、自らが首相であるうちに改憲したいためだろう。衆参で3分の2の与党勢力があるうちに発議したい、との思いもあろう。だが改憲は首相の都合で決めていいものではない。


 安倍総理の改憲案とは、今年5月3日、憲法記念日に出されたメッセージである。「自衛隊は違憲かもしれないけれども、何かあれば、命を張って守ってくれ」というのは、あまりにも無責任だという論拠を示し、「9条の1、2項を残しつつ、自衛隊の存在を明記する」という加憲案だ。私はこの案に賛成ではないが、安倍総理がこのメッセージで示唆した「国民的議論」には相応しいテーマであることは間違いない。立法府に居ながら、憲法の議論をしようとしない野党は、この提唱に真正面から意見を述べるべきなのだ。

 さて、朝日は期限を切った改憲への道は邪道だと言っている。政治家が国のトップを目指し、そのトップ在任中に何を為すかを公言することは、批判されるべきことではない。むしろ、当然のことではないのか。それぞれ、政策をもって政治家になったのだ。それが社論と合わないからといって、いち政治家が為そうとしていることを批判するのは、政治に何も期待するなと言っているのに等しい。

お前が言うな、朝日新聞


 朝日の姑息さとは、社論に合う、合わないを基準に、基準(スタンダード)を変えることだ。彼らは期限を切った改憲議論には真っ向から反対する。だが、彼らの社是としている、例えば「脱原発」に関して言えば、その期限を早く設定しろと急かすのだ。チェルノブイリで反原発の色彩を鮮明にした朝日は、福島第一原発の事故で脱原発を、一層声高に主張するようになった。政治には、「原発ゼロへの工程表を早く示せ」と、社説で堂々と主張している。その社是が絶対過ぎて、「吉田調書」という大誤報に発展した。

 これが、改憲となると、彼らは180度、スタンスを変えるのである。これは、ダブルスタンダード以外のなにものでもない。原発が喫緊の問題であるというなら、憲法も喫緊の問題だ。政治には、国民の生命と財産を守る義務がある。その義務を果たすうえで、憲法改正が必要なら、それを進めるのは政治の役割なのだ。我々国民は、政治を税金で支えている。その国民の要求でもある憲法改正にケチをつけるなら、「朝日党」でもつくって国政に進出すればよい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/12/22 07:08 ] メディア | TB(0) | CM(8)
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ