FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2017年12月19日

耳に心地よい語り口の中に織り交ぜる、池上彰の狡猾な嘘

← 応援クリック、ありがとうございます。

 産経・FNNの世論調査で出た結果が興味深い。野党の質問全般に関し、「国民の期待に応える建設的な質問が多い印象」と答えた人はわずか14.2%で、「そうではない印象」は76.1%に達したという。この「そうではない印象」は、立憲民主党支持層でも60.8%、希望の党支持層では61.5%、民進党支持層は66.7%にも上ったそうだ。

 自民党の支持率は37.7%といまだ高く、野党第一党である立憲民主(13.9%)の3倍近くの支持を集めている。立憲民主も希望の党も、前月から支持を減らし、民進党は微増と言っても1.5から1.8に増やした程度で、泡沫化に歯止めがかからない。野党の支持率が上昇しないのは、一定数存在する反自民、反安倍の期待を背負うものの、相変わらず政権の足を引っ張るだけである実態が、国民にバレているからだろう。そんなことはお構いなく、年明けの通常国会で、彼らはまだモリカケをやると息巻いているようで、もはや自滅の道をまっしぐらだ。

 朝日新聞に代表される左派メディアも、いまやネットで叩かれない日はない有様で、もともと高すぎた国民からの信頼が、いま急激に実質に追いつこうとしている。そんななか、さも中立であるかのように装い、テレビでは「先生」とまで呼ばれる大嘘つきがいる。池上彰だ。

 今月12日、池上は、北朝鮮のミサイル発射に関し、「因果関係があるわけではないと信じたいが、そもそも、失言が相次いでいたときにミサイル実験も相次いでいた。その結果、失言が消えてしまったり、下がりかけていた安倍内閣の支持率が上がったり、となっている」と発言し、ネットで大炎上した。明らかな印象操作だ。北のミサイル実験を安倍総理の思惑と結びつけるのは情報弱者の習性だが、池上が狙うのも、この情弱の大量生産による愚民化政策ではないかと、疑ってしまう。

池上彰という大嘘つき


 更に、池上は、同じ番組内で、加計学園問題にも触れた。池上の発言は、加計学園で国内で学生が集まらないから、南鮮まで行って受験生を集めていると、加計学園にとってネガティブな風評を拡散しているというのだ。実際の発言は、「加計学園は日本の税金で韓国の獣医師を育てようとしている。こんなことでは定員割れの可能性もあり得る」というもの。実際、加計学園の獣医学部は、21人の合格枠に約30倍の602人が応募しているというもので、実態とは正反対の憶測だ。業務妨害ともいえる。

池上彰


 語り口が柔らかい池上彰の解説は、耳触りがよく、聴いていると何かを学んだような気になるものだ。だが、そんな語り口は、彼の口から出ることが常に正しいということを意味しない。むしろ、耳に心地よい語り口であるからこそ、視聴者の頭の中に、彼が意図した印象操作を刷り込みやすいのだ。

 安倍内閣閣僚の失言と北朝鮮のミサイル実験との無理筋な因果関係を主張するのは、安直な陰謀論だ。その因果関係は誰にも証明できないから、メディアは風評を流布するだけで、結果言いっ放しだ。要するに、言った者勝ちである。情報の上流に居る者に求められるのは倫理感だが、そんなものは求めても無駄である。そういう繰り返しがありながら、長期政権を維持する安倍政権は、立派なものである。

 池上彰の言うことをすべて信じてはいけない。彼は、まともなことを言っているように見えながら、ちょくちょく嘘を挟むのだ。真っ向から「パヨクです」と言っている奴らより、よっぽど悪質である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/12/19 07:08 ] メディア | TB(0) | CM(21)
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ