FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2017年12月12日

ノーベル平和賞に匂う、9条信仰と同質の「空想的平和論」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 ノーベル平和賞は、その選定の基準に、極めて理念的で、かつ、政治的な意図が盛り込まれている。理念は、もちろん大切だ。しかし、科学系や文科系の賞が成果物を判断材料とするのに対し、平和賞だけで理念が重視されるというのは、少々バランスが悪い気がする。バラク・オバマは、「核なき世界」に向けた国際社会への働きかけ、いわゆる「プラハ演説」が評価されて平和賞を受賞したが、実際、オバマはこの件に関し、なんの実績も残していない。それどころか、受賞の翌年に米国は、臨界前核実験を実施している。

 今年のノーベル平和賞は、世界各国に対し、核兵器禁止条約の交渉開始・支持のロビー活動を行うために設立された全世界的なキャンペーンの連合体「ICAN」が受賞した。設立は2007年で、2017年現在、101か国、468の提携組織が活動しているというが、国際提携組織として創価学会インターナショナルが加盟し、日本国内ではヒューマンライツ・ナウ、ピースボートなどが提携組織として名を連ねているというから、少々興覚めの感もある。

 この組織で、熱心に活動されているのが、広島の被爆者で、現在はカナダ在住のサーロー節子氏。ノーベル平和賞の授賞式に出席し、「核兵器は必要悪ではなく絶対悪」と、熱弁を振るった。

広島と長崎の残虐行為を戦争犯罪と認めない人たちがいます。彼らは、これは「正義の戦争」を終わらせた「よい爆弾」だったというプロパガンダを受け入れています。この神話こそが、今日まで続く悲惨な核軍備競争を導いているのです。


 米国の国民には、少しは耳の痛さを感じてもらいたいものである。だが、核廃絶に心血を注ぐことには敬意を表するものの、この方の言説は、やはり理想論の域を出ていない。

節子サーロー
サーロー節子氏(中央)


 核武装国の政府の皆さんに、そして、「核の傘なるものの下で共犯者となっている国々の政府の皆さんに申し上げたい。私たちの証言を聞き、私たちの警告を心に留めなさい。そうすれば、必ずや、あなたたちは行動することになることを知るでしょう。あなたたちは皆、人類を危機にさらしている暴力システムに欠かせない一部分なのです。私たちは皆、悪の凡庸さに気づかなければなりません。


 言っていることが間違っているというわけではない。核廃絶という理念は多くの賛同を得るだろう。だが、彼らICANの活動が、理念追求型であって、現実とはかなり離れているという印象を受けるのだ。

 サーロー氏は、もと日本人であるが、その矛先は、祖国日本にも向かう。

 【ニューヨーク=北島忠輔】国連本部で開かれている核兵器禁止条約の制定交渉で、広島で被爆したサーロー節子さん(85)=カナダ在住=が二十八日の会合に出席して英語で演説し、交渉不参加を表明した日本政府に対し、「自分の国に裏切られ、見捨てられ続けてきたという被爆者としての思いを深くした」と厳しい言葉で非難した。(中略)

 唯一の被爆国だが交渉に参加しない日本政府に対し「各国の要人を広島に招き、悲惨さを知ってもらうことで核軍縮の重要な役割を担っているというが、米国の核の傘に入り続けるなら、これらは口先だけの責任逃れの行動だ」と批判。核廃絶を求める日本国民の世論に応え、核保有国とは独立した立場を取るべきだと主張した。(以上、抜粋)


 米国の核の傘が消えた時、核廃絶を叫ぶだけで、日本の安全は担保されるのか。もし担保されるというなら、それは、「軍隊が存在するから戦争に巻き込まれる」、「平和憲法を守り続けることで、平和は保たれる」という、憲法9条信仰と同質の「空想的平和論」に過ぎない。日本は唯一の被爆国であり、核兵器使用が招く悲惨さを世界に広報する役割を持つことには同意する。だが、日本には、支那、北朝鮮、ロシアといった核保有国に囲まれている現実がある。核保有国と均衡を保つ唯一の手段が、核兵器の保有であり、それを是としない日本にとって、米国の核の傘は必須なのだ。

 ICANの活動とノーベル平和賞受賞になんら心が躍らないのは、彼らが理想を主張するだけで、その理想を実現する方法論を持たないからだろう。もちろん、方法論は彼らの活動の範疇ではないというなら、それはそれで理解する。結局、ノーベル平和賞で度々シラケた印象を持ってしまうのは、この章が憲法9条信仰と同じ理想論に立脚しているからなのかもしれない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/12/12 07:08 ] 外交 | TB(0) | CM(24)
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ