FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2017年12月06日

護憲のためなら他者の生存すら否定する ~ 福岡情報伝達訓練に対する「九条の会」の無責任な批判を批判する

← 応援クリック、ありがとうございます。

 イデオロギーが過ぎると、判断を誤る、または問題の本質を見極める目を失うということを、 拙ブログではたびたび指摘してきた。それは主に、戦後民主主義の盲信者に対する指摘であり、その対象をより具体的に言えば、憲法9条を頑なに守ろうとする護憲運動家たちへの批判だ。

 彼らの空想的平和論は、憲法9条が戦争、紛争等の争いごとの抑止力を持つことが前提になっているので、自発的な行動は何も要求しない。ただひたすら、憲法9条を唱えていさえすれば、平和は維持されるという言霊信仰である。だから、何らかの危機に対する準備すら否定する。極めつけが、今月1日に福岡で実施された、情報伝達訓練だ。弾道ミサイルが飛来した場合に備え、緊急速報メールを配信し、迅速かつ的確に情報が伝える準備だ。この訓練に対し、九条の会がクレームをつけている。

北ミサイル想定訓練 理解できない「不安煽る」の声 福岡市 (iza)

 「九条の会 福岡県連絡会」(代表世話人、石村善治福岡大学名誉教授)は11月27日、市に対し、訓練中止を要請した。申し入れ書には次のような文言が並ぶ。
 「(訓練の)予告を知り、今後ミサイルの飛来と落下があるのではないか、と多くの市民が大きな戸惑いと強い不安を覚えている」「地下鉄の駅などに避難しても、何の意味もない。(訓練は)市民の不安をあおるものとしか言えない」
 北朝鮮への非難・批判は、一言もなかった。
 石村氏は申し入れ後の記者会見で「訓練の目的は不安を煽(あお)り立てることと、(訓練に)慣れさせることの両方だ」と語った。
 石村氏は、安倍晋三内閣が制定を進めた安全保障関連法に反対し、その違憲性を問う訴訟の原告の一員でもある。福岡地裁の口頭弁論では「戦争の発生・暴発を、日本国憲法の平和主義の名の下、司法の力で止める」などと訴えた。(抜粋)

石村善治
九条の会 福岡県連絡会 代表世話人 石村善治


 繰り返しになるが、九条の会のような人たちは、有事を想定できない。憲法9条が有事を抑止するからだ。こういう言霊信仰者は、何かが起こると、その何かと自分たちの言動との因果関係を求めるのだ。つまり、ミサイル飛来時に備えた訓練を行えば、本当にミサイルが飛んでくるかもしれないと、不安になるのである。新興宗教の類いと言ってもよい。

 しかし、言うまでもないが、我が国への侵攻や侵略等は、9条が防ぐわけではない。このところ、北朝鮮の漁船と思しき船が、日本海沿岸の我が領土に漂着する事態が相次いでいる。北海道では、漂着した漁民もどきが、金目の物を根こそぎ盗むという蛮行が発生している。下衆な勘繰りかもしれないが、盗人騒動は、工作員潜入をカモフラージュさせるため、表向きのトピックとして必要だったのではないか。金豚が出した「冬季漁獲戦闘」という国策も、日本のEEZ内に工作員を潜入させるためのプロパガンダである可能性も否定できない。そもそも、この緊張した北朝鮮情勢のなか、大量の漁民が日本の国境海域をうろつくこと自体、ただ事ではないのだ。

 東日本大震災の際、「想定外では済まされない」という言葉が多く語られた。この北朝鮮の夥しい数の偽装漁民(と思しき)の、日本領海への流入も、想定外を排除しなければならないのだ。「市民の不安を煽らない」がために訓練を怠った場合、その結果として、有事の際に救えるはずの命が失われるケースもあり得るのだ。9条信仰者は、その命に対して責任を負わず、返す刀で日本国政府に責任を転嫁する。何故なら、彼らにとって9条は神であり、その神は絶対だからだ。

 9条護持のためなら、人命も生贄として捧げる ―― 護憲派というのは、そういう野蛮な人たちなのだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/12/06 07:09 ] 社会問題 | TB(0) | CM(11)
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ