FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2017年11月20日

大阪・サンフランの姉妹都市解消を批判する朝日新聞の厚顔無恥

← 応援クリック、ありがとうございます。

 このところ、4日間連続で、朝日新聞関連のエントリーを書いているが、私は何も、独りでアンチ朝日新聞キャンペーンをやろうとしているのではない。昨日も書いた通り、自分の主張や前科を棚に上げたような、愚劣な社説や記事を提供してくれるので、書くことには事欠かないのだ。

 昨日の社説も、吐き気をもよおすような酷いものだった。朝日は、サン・フランシスコで市の公共物となる慰安婦像に関し、大阪市の吉村市長が「姉妹都市解消も辞さず」と態度を表明している件について、「姉妹都市 市民交流を続けてこそ」という社説を掲載した。その内容たるや、厚顔無恥で、さも慰安婦問題に関する捏造や誤報がなかったかのような書きっぷりなのだ。

 大阪市の吉村洋文市長は「不確かな主張で、日本へのバッシングだ」と再三抗議してきた。サンフランシスコ側が方針を覆さない限り、年内にも姉妹都市提携を解消する意向だ。

 ちょっと待ってほしい。姉妹都市の関係のもとで育まれてきた交流は、双方の市民の歴史的財産である。市長の一存で断ち切ってよいものではない。

 慰安婦の総数や詳しい被害の実態は、これまでの研究でも定まっていない。

 「違う」と考えることを「違う」と伝えること自体は大切だろう。だが、意見を受け入れなければ友好関係を解消するというのは、冷静さを欠いている。


 この社説、読みだすと、「どの口が言うんだよ…」という独り言を幾度も繰り返すことになる。朝日は、「慰安婦の総数や詳しい被害の実態は、これまでの研究でも定まっていない」としているが、これは、自社の誤報を中和する意図があるのかもしれない。しかし、その「定まっていない」慰安婦という事柄を、「従軍」という枕詞を付け、旧軍が婦女を拉致、連行し、性の相手をさせたと流布してきた張本人は、朝日新聞自身ではないか。しかも、朝日の報道に反証が幾度も呈されるなか、頑なにその「意見を取り入れなかった」のも、朝日新聞だ。

SFO慰安婦像
サンフランシスコのビッチ像


 もともと姉妹都市は、国と国の関係と別に、「人と人」として、主に文化面での交流を深める目的で発展してきた。日米のようにかつて戦った国や、政治的に対立しあう国との間でも盛んに結ばれてきた歴史がある。

 国が違えば人々の考え方は違う。市民同士が息の長い交流を重ねることで、その違いを理解し、乗り越えていこうというのが、姉妹都市の精神のはずだ。


 姉妹都市提携は、友好と相互理解を目的としているものだが、確かに、国が違えば考え方の違いはあるだろう。だが、朝日の捏造や誤報こそが、国と国、人と人との関係を壊してきたのも、また事実だ。それも、32年間という長い時間をかけ、それが南鮮のみならず、世界的に浸透し、訂正が困難になるまで放置したのだ。

 外交において歴史認識をことさらに問題視する大阪市の姿勢は、安倍政権と軌を一にする。

 韓国・釜山の日本総領事館前に、慰安婦問題を象徴する「少女像」が設置された際、安倍政権は対抗措置として駐韓大使らを一時帰国させた。

 ただ、現実は何の成果も出ないまま、日韓交流の停滞だけが残った。強硬措置がもたらす副作用も肝に銘じておくべきだ。


 一昨日の、「足立批判」の手法と同じだ。大阪市の姉妹都市解消の方向性に、安倍総理が噛んでいるわけではない。その関係ない事柄を結び付け、結論は政権批判である。

 相手の自治体や国が、日本に対して何の遠慮も配慮もなく、一方的に貶めるような言動に出たとしよう。それでも笑って「友好を」を求めることなど、果たして友好と言えるのか。日本が抗議の姿勢を示さなければ、慰安婦「ビッチ像」のようなシロモノは、世界中に設置されることになるだろう。慰安婦「ビッチ像」の示す価値観は、世界で固定化されることになる。それは、我々より先の時代に生きる将来世代にとって、いわれなき重荷であることを、朝日は理解できないらしい。

 朝日の書きぶりは、昨今の日韓関係の停滞が、大使館前の慰安婦像の一件で、駐韓大使らを一時帰国させた安倍総理に起因するような印象操作を目論んだものだ。南朝鮮の愚行には何ら触れておらず、一方的すぎる。

強硬措置がもたらす副作用も肝に銘じておくべきだ。


 それを言うなら、慰安婦捏造報道や誤報が、日韓のみならず、国際社会と日本との間にもたらした“副作用”を、朝日こそが肝に銘じるべきである。

 「朝日新聞、廃刊しろ」


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/11/20 07:08 ] メディア | TB(0) | CM(27)
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ