FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2017年10月20日

立憲民主党は、憲政史の汚点「菅内閣」の残滓に過ぎない

← 応援クリック、ありがとうございます。

 一昨日に取り上げた、民進党から希望の党に移ったにもかかわらず、踏み絵などなかったことにしようとする姑息な候補者、小川純也。昨日もizaで取り上げられていたが、その言いっぷりがクズ過ぎる。希望の党の公約に書かれた「憲法9条を含め改正議論を進める」に反し、「憲法9条の改悪については明確に反対」と主張したかと思えば、「立憲民主党と無所属、民進党の人たちを巻き込み、野党再結集、再合流へと歩みを進めなければならない」と支持者に訴えたそうだ。他にも造反者が続出しているようで、希望の党の足を引っ張るのは、民進党から移籍したポンコツどもだという、予想通りの展開となっている。

 小川は「小池氏の物言いは『排除』などひどい」と、小学生レベルのクレームを付けたようだが、バラバラだった民進党をそっくりそのまま引き受ければ、希望の党もバラバラになるだけだという論理は、誰でも理解できることだろう。そんな論理も理解できず、全員が移籍するというファンタジーを信じたほうが愚かなのだ。学級会じゃあるまいし、子供の泣き言のような演説を聞かされる香川の有権者も迷惑なものだ。

 しかし、排除されたことで新党を結成した「立憲民主党」が、希望の党を退け、野党第一党の座に就こうとしているというのだから、世の中は皮肉なものだ。希望の党に行かず、主義主張を貫き、弱小でも旗を立てたというのが「美談」として流布されているが、多くの方々が指摘する通り、この連中も当初、希望の党への移籍に全く異を唱えず、身売りに賛成していたのだから、党の結成前から筋は曲がっているのだ。

枝野幸男


 評論家の八幡和郎氏が、他の方のTwitterを引用して「もっとも」と言っていたが、現在までの顛末は下記のようなものになる。

民進党では当選できん

全員 希望の党へ (満場一致)

小池さんは日本のメルケル シンパシ-を感じる

ゴミはいらんと廃除される...

小池はクズだ!無所属出馬だ!

やっぱ無所属しんどい

立憲民主党旗揚げ


 八幡氏はFacebookでこうも言っている。


 これは正しい指摘である。立憲民主党が筋を通しているのではなく、行き場がなくなって、しょうがなく新党を立ち上げただけなのだ。しかも、その顔ぶれは、民主党政権の菅内閣の陣容そのままである。Twitterで分かり易い図を作って公開された方がいるのだが、見比べるだけでおぞましい。

立憲民主党は実質的には菅内閣だ


 立憲民主党への支持は、遠回しながらかつての菅内閣を肯定することに繋がるが、あの憲政史における汚点ともいえる菅内閣のことを忘れ去るには早すぎるだろう。一度捨てたゴミが、別の新しい包装で出てきたというべきもので、中身を確認せずに「良さそう」などと言うのは軽すぎるのだ。希望の党は安倍政権に対抗する勢力には違いなかったが、、憲法改正を党是とする党はサヨクメディアにとっては支持しづらかった。が、枝野が新党を作ったことで、便乗する船ができただけの話なのだ。排除された者への同情や判官びいきも一役買っているのだろうが、あの屈辱の内閣をぜひ思い出していただきたい。

 立憲民主党は、菅内閣の残滓に過ぎない。この党に票を投ずるのは、菅内閣の肯定のみならず、万年野党だった旧社会党を推す野と同じく、票を捨てるような行為である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/10/20 07:08 ] 政治 | TB(0) | CM(17)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ