FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2017年10月18日

サヨク再結集への序章 ~ 踏み絵をなかったことにする詐欺師たち

← 応援クリック、ありがとうございます。

 大阪維新の松井代表が、大阪府庁で記者団に対し、希望の党のゴタゴタ、混乱を引き合いに、小池代表は「お気の毒」と発言した。

小池氏は「ちょっとお気の毒」 維新・松井代表 (朝日)

■松井一郎・日本維新の会代表(発言録)

 希望の党が掲げた政策を実行するかはっきりしないと(選挙後に)共闘していこうということにはならない。小池(百合子)さんのガバナンスが一番重要だ。もう「憲法9条改正反対」と言っている候補者が出てきている。(政策に同意を求めた)踏み絵を踏んでも「知るかい」って言うのはむちゃくちゃだ。

 (小池氏は)1人で全部やっているので、ちょっとお気の毒なところもある。チームになっていない。代表であり幹事長であり、政調会長であり、総務会長みたいな雰囲気だ。うち(維新)は国会議員の代表も幹事長も政調会長も役割分担ができているから、見ていて大変だなと思う。(大阪府庁で記者団に)


 お気の毒ということばはそのまま受け止めるかどうかは聞いた人の判断だろうが、私はこれを皮肉と見る。希望の党というのは、まだ組織として機能していないからだ。希望の党は国政政党でありながら、役員がおらず、分担ができない。普通、選挙を政党を仕切るのは幹事長だが、希望の党に幹事長は存在しない。政調会長もいないから、党の政策を調整する担当もいない。組織を作ってガバナンスを効かせる体制より、小池は独裁を選択したのだ。松井代表の発言は、小池やチャーターメンバー(創立メンバー)に対する「ちゃんと組織をまとめろ」というメッセージとも取れる。

小池百合子


 失速が報じられる希望の党だが、有権者の反応以上に、公認候補者の反応の方が早いのは如何なものかと思う。旧民進党のメンバーは、希望の公認を得る際、例の「安保法制推進」、「改憲への支持」という踏み絵を踏んだ。しかし、失速の状況が鮮明になるにつれ、その踏み絵を踏んだ事実を都合よく忘却の彼方に追いやる者が続出しているという。以下はそれを伝える、産経の記事だ。

9条改悪反対!! 民進出身の希望公認候補が露骨に反旗 改憲の「踏み絵」を踏んだはずなのに続々と… (産経)

 衆院選を前に民進党から希望の党に移籍した前職の中に、希望の党の公約と大きく異なる主張を掲げる候補が続々と出始めた。希望の党が容認する「憲法9条改正」などの“踏み絵”を踏んだはずなのに公然と異を唱え、小池百合子代表を批判する声まで上がる。希望の党の失速で焦りを募らせているようだ。

 「憲法9条の改悪については明確に反対」

 香川1区から希望の党公認で立候補した小川淳也氏は、党の公約に「憲法9条を含め改正議論を進める」と明記されているにもかかわらず、自身のホームページにそう書き込んだ。

 小川氏は16日、高松市で行った街頭演説で「小池氏の物言いは『排除』などひどい。私の政治信条は変わらない」と強調。この日は改憲派の前原誠司民進党代表が街頭演説を行う予定だったが、急遽キャンセルした。

 後援者らを集めた15日の会合では「立憲民主党と無所属、民進党の人たちを巻き込み、野党再結集、再合流へと歩みを進めなければならない」と言い切った。香川1区は立民や共産党が候補を立てておらず、「反自民」票を自身に集約させたいとの思惑がにじむ。

 一騎打ちの相手となった自民党の平井卓也氏は「政策がどこにあるか分からない。世の不平や不満をあおり、右から共産党までの受け皿になるなんて有権者をばかにしている」と指弾する。

 こうした民進党から希望の党への移籍組による“造反”の動きは、小川氏に限ったことでない。九州の前職は「安倍晋三首相のように9条改正を特出しするのはいかがか」と批判し、北関東の前職はフェイスブックに「憲法9条に自衛隊を加える提案にはくみしません」と書き込んだ。

(奥原慎平)


 要するに、こういう節操のない者たちは、選挙のために小池百合子と希望の党を利用しただけなのだ。民進党参議院議長の小川敏夫が「民進党再結集」を公言し、批判されて後に火消しに回る醜態を見せた。小川は、旧民進党議員が希望の党から出戻るわけではないと説明したが、民進党の再結集はどうにも恰好が悪いから、別の看板で同じ内容のことをやるつもりなのだろう。

 そもそも、希望の党の協定書という踏み絵が公表され、それを是として公認を受けた候補者が、選挙中にそれを反故にするのは詐欺行為だ。ポンコツを通り越して、ただのクズである。筋論から言えば、希望の党はこういう候補者の公認を取り消すべきだろう。

 小池は以前から不出馬を通していたが、彼女の頭の中には総理の座があったはずだ。ひとつの大きな勢力を作り、自らが首班指名を受けるために、彼女は中身より数を選択した。ポンコツの無作法を封じ込めるために、協定書という担保を取った。しかし、一連のシナリオには、希望の党に都知事選、都議選のような風が吹いている前提が必要だったのだ。皮肉なことに、数をあてにしてポンコツを収容した頃から風は止んだ。その途端に、ポンコツどもが暴れ出したというわけである。何と稚拙な烏合の衆か。

 希望の党の失速は、立憲民主党や無所属を選んだ側のポンコツどもが、「よりまともに見える錯覚」というアイロニックな結果を生んだ。全国各地の有権者は、立候補者の略歴を調べ、民進党というフラグが立っているのを見つけたら、脊髄反射的にその議員を疑うべきだ。踏み絵に反するようなことを口走っているのがいたら、そいつは正真正銘のクズである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/10/18 07:08 ] 政治 | TB(0) | CM(24)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ