FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2017年10月05日

希望の党の公認候補が判明 ~ その実態は「民進コスプレ党」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 希望の党のウエブサイトが3日にオープンしたが、中身は空っぽである。活動報告も「サイトをオープンしました」という書き込みのみで、公認候補者の名前すら確認できない。Facebookは9月27日に開設されているが、いいね数はわずか590名である。ちなみに、自民党のいいね数は94000を超える。まぁ歴史の浅さと言ってしまえばそれまでだが、高揚感は感じられない。

 私が希望の党のサイトをこまめにチェックしているのは、この党の組織運営がどうなるかに注目しているからだ。代表は小池百合子と決定しているが、選挙を仕切る幹事長は誰になるのか、政策を取りまとめる政調会長には誰が就くのか、小さくとも一党の代表まで務めた中山恭子氏などは、どう処遇されるのか、等々。今のところ、組織としては小池百合子の名前しか表に出てきていないし、実質的には小池の独裁政党だといわれるが、これでは政党としてまともな運営は不可能だろうと思われる。

 さて、希望の党からの公認候補がようやく発表された。昨日、9名を追加し、計199名の公認が発表された。一昨日公表された192名のうち、希望の党側からの名前は82名で、残りの110名は民進党からの移籍ネズミだ。つい先ごろまで、国会でプラカードを掲げ、党を挙げて「安保法制白紙撤回」を叫んでいた民進党議員らは、恥というものを知らないらしい。

民進党 not found
ネズミたちのデータを消しまくっている民進党サイト


 民進党側の候補者調整を担当した玄葉光一郎は会見で、「時間がないが、候補者の人生がかかっているので、1つ1つ丁寧に進めていく」と述べた。即ちこの合流劇が、旧民進党議員の再就職活動だったということを、玄葉自身が漏らしたということだ。バカにするのもいい加減にしてもらいたい。政治は、少なくとも建前上は奉仕であり、政治家というのは一般の職業とは異なる。国民の生活より、候補者の生活の心配をしている玄葉は、旧民進党議員が希望の党という選挙互助会へ鞍替えしたということを認めたに等しい。

 公認候補者の名簿を見てみると、希望の党の出所である東京を除いては、実態はほぼ民進党だ。あれだけ声高に安保法制を批判してきた山井和則や大串博志などの名前もある。玉木もちゃっかり名を連ねた。彼らが街頭で何を語るのか、選挙区の方々には是非SNS等を通じて通報いただきたい。希望の党は、その実、民進コスプレ党とでも党名を変更したらよい。

 希望の党の首謀者のひとりである若狭勝は、「今後、(候補者は)233人を超える数になるのではないか。今後の政権交代を目指すことが十分可能な状況だ」と語った。「寝言は寝て言え」である。233人を少し超える数を擁立できたとしても、当選率がほぼ100%なければ、政権交代は成就しない。もちろん、連立という手法はあるが、小池代表はあくまで単独過半数を狙うと公言している。何もできない素人を擁立し、大失敗という結果に終わった民主党という壮大な社会実験で、国民は懲りている。

 残念ながら、私の選挙区の希望候補者は、顔も見たことがない新人のようである。民進党出身の候補者が落下傘で下りてきたら、街頭演説でも聞きに行ってやろうと思ったが、どうやら叶いそうもない。再就職を求めて希望へ移ったネズミの出る選挙区の方々は、是非、彼らに鉄槌を下していただきたい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/10/05 07:10 ] 政治 | TB(0) | CM(15)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ