FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2017年10月02日
月別アーカイブ  [ 2017年10月 ] 

排除されたサヨク議員は新党を作って戦え

← 応援クリック、ありがとうございます。

 希望の党の独裁者、小池百合子の「排除」宣言で、サヨクの側にパニックが生まれている。民進党からの移籍と公認希望者に対し、憲法改正と平和安全法制の是認という踏み絵を突きつける一方で、過去の言動で明らかに党の理念に合わないと認定される者を、申請以前に排除するという手法だ。

 これは、政党を立ち上げるためのプロセスとしては正しい。保守っぽいのから護憲サヨクまでの寄り合い所帯だった民主党/民進党の失敗は、政党の崩壊という結末に及んだ。同じ間違いを繰り返すバカはいない。

 ところが、この手法を批判する国会議員がいるから面白い。


 福島の主張は、完全に間違っている。小池の排除は、政治家の人生を弄んでいる行為ではない。むしろ、選挙に通りたいがために、今まで披露してきた信条と相容れない政党にアプライし、主義主張を変える御都合主義こそが、支持者と国民を愚弄しているのだ。福島自身も、ルーピーが普天間の辺野古移設を決断した時、主張を曲げずに罷免されたはずである。何故、希望の党への求職者に、同じ行動原理を求めないのか。

 希望の党から排除された議員連中に、新党結成の動きがあるという。メンバーは枝野、赤松、辻元など、民進党にあって左サイドのポジションを堅持してきた、分かり易すぎるメンツだという。私は死んでも支持しないが、こういうメンツを支持するサヨクは一定数、存在する。そういう人たちに投票先を提供するのは、サヨク議員としての責務とも言えるだろう。


 ただし、その新党なるものが結成されても、得られる議席数は影響力を持つ程度までは行かないと思われる。彼らの行く末は、社民党の現状とそれほど変わらないだろう。私としては、むしろ、そういうサヨク政党が結成され、希望の党と票の取り合いになってくれた方が有難い。自民党にとっては、自公以外の政党の得票が割れた方が都合が良いのだ。

 希望の党の出現と小池百合子の排除の論理は、国会からのサヨクの退場という大手柄をあげる可能性がある。小池百合子に首相は務まらないが、福島瑞穂の悲鳴が示すのは、希望の党の出現の、いくばくかの意義だろう。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/10/02 07:07 ] 政治 | TB(0) | CM(20)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ