FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2017年09月26日
月別アーカイブ  [ 2017年09月 ] 

「希望の党」という、新たな選挙互助会の誕生

← 応援クリック、ありがとうございます。

 安倍総理が記者会見を開き、衆議院解散を宣言した。解散の理由を、「国民と国難を乗り越えるため、国民の声を聴かなければならない。『国難突破解散』だ」と表明。

「むしろ私はこういう時期にこそ選挙を行うことによって、北朝鮮問題の対応について国民に問いたい」


 これ以上の大義はないだろう。まさに、戦後最大の危機にある日本において、必要な選挙なのだ。安倍政権は支持率を回復させる傾向にあり、10月22日に投開票を迎える総選挙は、勝てる選挙だろうと予想する。しかし、大勝できる選挙かは疑わしい。小池新党という新たな要素が加わったからだ。

小池「希望の党」


 小池百合子は相当な策士だ。首相が伝家の宝刀である解散権を行使すると宣言した、まさにその日にぶつける形で、新党結成を宣言した。政治に多くの耳目が集まるタイミングを利用し、新党を最大限に宣伝するという荒業だ。メディアも、解散より、小池新党関連の報道が優先されているようにさえ思える。支持はしないが、その広報戦略はさすがと言うほかない。

 小池都知事は、新党について、今までの若狭、細野両名が主導してきた議論を“リセット”し、自分が党代表に就任するという。若狭、細野という冴えないふたりでは、話題性に欠けるのは必至だった。もちろん、若狭、細野両名も小池都知事の党幹部への就任を要請していたはずで、その意味では希望通りということなのだろうが、小池氏は党内の主従関係を内外にはっきりと宣言することによって、「希望の党は小池の党である」ことを示した。これは、小池の党でなければ新党は意味がないという宣言でもある。

 現役の副大臣である福田峰之が新党合流を理由に自民党を離党したが、福田は「議員になるということが極めて重要です。新しい政党で選挙を戦いたい」と、選挙目的であることを明かした。昨日、民進党離党を表明し、新党に合流する意思を示した民進党の松原仁も「小池氏は同志だ」と声高に言っているが、民進党では比例復活さえおぼつかない事情が理由だろう。

 民進党からは更に離党組が出るだろう。民主党時代から選挙互助会だった民進党だが、その選挙互助という機能が失われた今、党に所属する理由がなくなっているのだ。小池人気にあやかりたい面々が、尻尾を振って新党に集まる。これでは、寄せ集めの政党を離脱した者たちが合流する新党が、それ以上の寄せ集めになるだけだろう。「日本のこころ」から中山夫妻をリクルートした小池の狙いは、ふたりに、新党における民進党色を薄める効果を求めたからではないか。

 小池代表の会見も見たが、声高に主張していた事柄は、政策というよりスローガンの域を出ない。少し名の知れた国会議員が糾合すれば、「小池だから集まった」という実績にはなるだろう。しかし、イメージ戦略ではまだかろうじて民意を得ているように見える小池氏も、都知事就任以降、何を為したかという面では、はっきり言って落第である。

 新たな選挙互助会政党の誕生を、民意は見抜けるだろうか。この政党、政権与党の一角を狙おうとしているとすら思えるのは私だけか。とにかく、政治は怖い。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/09/26 07:09 ] 政治 | TB(0) | CM(32)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ