FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2017年09月25日
月別アーカイブ  [ 2017年09月 ] 

総選挙を前に動く政局

← 応援クリック、ありがとうございます。

 自民党を離党した若狭勝と、民進党を逃げ出した細野豪志が作る新党の党名が「希望の党」らしい。なんだか新興宗教の名称みたいだと感じたが、同じ感想を持つ人もネットにいて、ちょっと話題になっている。都知事選で絶頂を迎えた小池人気がその後もしばらく続き、小池都知事が東京都議会議員選に向け、候補者をかき集めるつもりで作った政治塾が「希望の塾」だった。その小池人気に乗りたい政治家の浅はかな発想としか思えない。現時点では、「山本太郎となかまたち」レベルである。

希望の党


 名は体を表すという。政党名というのは、その党が何を目指す集団なのかを明確に示したものにして欲しいと思うのは、私だけではないだろう。「希望の党」の議員を選べば将来に希望が持てるなどという方程式が成り立つわけでもない。まして、この党はまだ何をするか、何を目指すかを明確に示していない。現時点では単なる烏合の衆としか言えないのだ。

 ところが、保守派にとってショッキングなニュースが飛び込んできた。保守派に根強い人気がある「日本のこころ」を率いる中山恭子氏が、夫の中山成彬氏を引き連れ、この小池新党に合流するという。日本のこころの国会議員は、現在中山恭子氏と中野正志氏の2名しかおらず、来る衆院選での結果次第では、今のままでは政党要件すら満たせなくなる。私は、自民党に合流すべきと思っていたが、小池新党とは驚きだ。自民党には戻れない「大人の事情」があるのかもしれない。いずれにせよ、立ち上がれ日本として、保守派の期待を担ってスタートした政党は、事実上解散する。

 中山恭子氏も、党創設者のひとりでる平沼威夫氏に自民党に戻られ、同じ24日に自民党に正式入党した和田政宗氏にも去られ、党代表としての進退を決めざるを得ない状況だったのかもしれないが、行く先が小池新党というのは、支持者としては残念な気がする。

 さて、色々な意味で渦中の民進党だが、代表の前原が民共共闘を「政権選択選挙で理念政策の違う党とは組めない」と繰り返し否定していたにもかかわらず、共産党が衆院選で「必勝区」と位置づけた15選挙区のうち約6選挙区に候補者を立てないという、「隠れ共闘」を決めたそうだ。一方では、希望の党という小池新党については、「第2の自民党にはならないという点で同じ方向を向いている」として、衆議院選挙での連携を模索する考えを示したそうだ。

 その新党の中核には、民進党を離党した細野豪志がいる。民進を離れた細野と民新を引っ張る前原が、「組みましょう」というのは滑稽だ。しかも、新党はまだ何をやるかを全く語っていない。何も表明しないところと「組める」などというから、野合と言われるのではないか。

 昨日は、内閣府副大臣という要職にありながら、福田峰之という議員が自民党離党を発表している。安倍総理の衆院解散発表を前に、政局は既に動いている。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/09/25 07:08 ] 政治 | TB(0) | CM(9)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ