FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2017年09月20日

先ず文句を言い、そして「受けて立つ」…。勝算もないのに。。

← 応援クリック、ありがとうございます。

 つい先頃まで倒閣しか頭になかった野党連中は、安倍総理の衆院解散にいまだ右往左往の状況だ。彼らの主張には一定のパターン、いわゆるお約束があり、何よりもまず「大義がない」「自分勝手な解散」などと総理を批判し、次に、勝算もないのに受けて立つと宣言する。「よし!解散に追い込んだ」という自信はほとんど見受けられない。本来であれば、解散に喜ぶのが野党だ。しかし、「勝てそうなときに解散する総理」と批判していては、戦う前にすでに負けを宣言したようなものだ。

 歴代の首相経験者であり、直近の二つの選挙を「比例復活」という情けない敗者復活でバッジを付け続ける菅直人も、今度ばかりはダメだろう。空きカンは、ブログでまず「安倍総理は国会での追及に精神的に耐えられないために解散すると決断。個利個略極まれりだ」とお約束の批判をしておき、「私は今度の総選挙を「原発ゼロ」実現に王手をかける選挙にしたい」と気色ばんだ。原発ゼロは民進党の基本政策では、2030年に原発ゼロを目指すとなっているはずだが、菅は無所属で出るつもりなのか。ま、どうでもよいが(笑)。

最悪の首相、日本憲政史上最大の汚点 菅直人


 昨日は大串のブログを引用したが、大串のブログがダメ野党の標本かとおもいきや、もっとダメなブログがあった。江田憲司の「「危機管理(有事)そっちのけ解散!」・・・国民の安全より自らの保身を図る!!」というエントリーだ。

 突然の解散報道。臨時国会召集日を与党側がずっと今月25日と提案してきたのに、官邸側の事情でなかなか決まらないのであやしいとは思っていたが、まさか解散とは!安倍首相が周囲の反対を押し切って決断したという

 その意図は「森友・加計疑惑隠し」の一点。安倍首相にとって「森友」「加計」と聞くだけで虫唾が走り、神経が消耗するという。この問題で家庭の不和もささやかれているという。にもかかわらず、国会閉会(夏休み)で一時的に鎮静化しているこの問題を、臨時国会で野党に再び執拗に追及されてはかなわないというのが安倍首相の本音だという


 すべて自分で責任を負わないために伝聞系で書いているところが姑息だ。「「森友」「加計」と聞くだけで虫唾が走り、神経が消耗する。この問題で家庭の不和もささやかれているという」あたりは、すべて憶測に基づくレッテル張りであり、名誉棄損事案として問題視されても文句が言えない低俗な文章ではないか。

安倍総理


 他の倒閣野党やメディアの連中と同様に、江田もモリカケを引き合いに、総理の解散を批判している。しかし、モリカケを材料に政権を批判し、総理の退陣を求めていたのは野党の側だ。彼らがモリカケで政権を追及した目的は、おおきくふたつしかない。ひとつは、その問題追及で支持率を下落せしめ、政権を退陣させるという目的、もうひとつはもっと単純で、モリカケが自分たちの票になるという算段だ。しかし、野党の支持率は伸びなかった。これは単に、野党の作戦ミスなのだ。その作戦で失敗し、いざ求めていた「民意を聞く」という作業が現実のものとなろうとしているとき、彼らはそれを批判する。もう、自己矛盾も甚だしい。

 ひと言でいえば、モリカケ自体が政治空白そのものなのだ。北がミサイルをぶっ放しても、民進党をはじめとする野党連中は、国会の時間をモリカケで散々浪費し、国家の存立という根本的な問題を蔑ろにした。そういう野党に、有事を目の前に政治空白を作るなという資格があるとは思えない。今までモリカケを政治利用しまくったと思ったら、解散を撃たれそうになって、今度は北朝鮮を政治利用するバカどもにバッジを与えては、税金の無駄遣いである。悔しければ、江田をはじめとする民進党の連中は、モリカケを争点に選挙を戦えばいい。

 しかし、安倍首相!やりたいならやればいい!受けて立つ!!


 江田もお約束の決め台詞だ。ま、せいぜい頑張れ(棒)。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/09/20 07:09 ] 政治 | TB(0) | CM(28)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ