FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2017年09月16日

朝鮮学校の無償化除外を「社会の成熟度が足りない」と批判する朝日新聞、その朝にミサイル

← 応援クリック、ありがとうございます。

 朝日新聞は15日に「朝鮮学校訴訟 説得力を欠く追認判決」という社説を掲載した。国が朝鮮学校を高校授業料無償化の対象から除外したことを違法とし、賠償を求めた東京朝鮮中高級学校元生徒の請求を、東京地裁が棄却した判決を批判する内容だ。15日の朝、家庭でその社説が読まれる最中、北朝鮮から放たれた弾道ミサイルが北海道上空を通過する。まったく、タイミングが悪いというか、先見の明がないというか…。かつて北朝鮮を「地上の楽園」、「労働者の天国」と礼賛した思想的な歴史から、いまだに抜け出せていないのが朝日だ。

朝鮮学校の無償化除外


 朝日社説では、こう書かれている。

 改めて確認したい。

 北朝鮮による拉致行為は許し難い犯罪だ。だがそのことと、朝鮮学校の生徒らに同世代の若者に対するのと同じく教育の機会を保障し、成長を手助けすることとは、別の話である。

 朝鮮学校と朝鮮総連の間に一定の関係があるとしても、同校は、一市民として日本社会で生きていくために、必要な知識や考え方を身につける場になっている。通っているのは自分のルーツの民族の言葉や文化を学ぶことを望む生徒で、韓国・朝鮮籍や日本国籍など多様だ。

 誰もが明日の社会の担い手である点に違いはない。この当たり前のことを胸に刻みたい。社会の成熟度が問われている。


 社会の成熟度が足りぬと、朝日は主張している。朝鮮学校側(総連や生徒含む)の主張は、朝鮮学校のみが無償化の対象から除外されるのは「差別だ」というものだが、これは「区別」を「差別」と言い換えることで、日本人の心の中に「言霊」効果を生み出そうとうものだ。朝日の「社会の成熟度がないから差別が生まれる」という主張も、根底では同じである。

 いま北朝鮮は、日本を核ミサイルで沈没させるという宣言をしている。これは、日本民族を殲滅するという、宣戦布告に発言だ。朝日の主張は「朝鮮学校の生徒らに同世代の若者に対するのと同じく教育の機会を保障し、成長を手助けすること」は政治とは別だというものだが、翻って北朝鮮は、「明日の社会の担い手」である日本の子供たちの教育の機会や成長を、ミサイル攻撃で奪うと言っているのだ。そういう北朝鮮の体制を礼賛する学校に、「お前らを殺していやる」と言われている日本人が金を出すという行為がどれだけ頓珍漢なことなのか、朝日はまだ気づかないのだろうか。

 ISの学校がロンドンにできたら、英国は税金を出すのか。アルカイダの学校がニューヨークで出来たら、米国は支援するのか。答えるまでもないだろう。朝鮮学校や朝鮮総連が「金をくれ」と主張するのは、それほどまでに異常なタカリなのである。

 国連制裁決議では、海外で働く北朝鮮労働者への就労許可発給が禁止された。北の労働者が出稼ぎで稼いだ金が、本国に送られることを禁止する内容だ。朝鮮学校に支給される補助金は、その一部が本国に流れているといわれる。制裁を求める日本が、このようなザル制度を肯定していては、国際社会での立ち位置が問われる。

 朝鮮学校の無償化除外は、朝日が言うヒューマニズムの問題ではない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/09/16 10:40 ] メディア | TB(0) | CM(14)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ