私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2017年09月10日
月別アーカイブ  [ 2017年09月 ] 

泥船からネズミが逃げ出した

← 応援クリック、ありがとうございます。

 泥船から我先にとネズミたちが逃げ出している。前原新代表の冴えない就任で少しは党勢が上向くかと思いきや、そこに降ってかかったような山尾不倫疑惑。山尾を幹事長に推す予定だった前原は、スタートでこけ、いまや負のイメージが民進党を覆っている。そんな中で、5名の離党が

民進衆院議員5人、離党へ 来週にも 細野・若狭氏と連携か (産経)

 民進党の衆院議員5人が来週にも離党する方向で調整していることが8日、わかった。複数の同党関係者によると、このうち3人は8月に離党した細野豪志元環境相が率いていた「自誓会」のメンバー。細野氏とともに年内の新党結成を視野に入れ、小池百合子都知事に近い若狭勝衆院議員率いる「日本ファーストの会」との連携などを模索するとみられる。

 自誓会メンバーは、笠浩史(52)=神奈川9区、当選5回=、後藤祐一(48)=同16区、3回=、鈴木義弘(54)=比例北関東、2回=の3氏。残りの2人は、岸本周平(61)=和歌山1区、3回=、福島伸享(47)=比例北関東、2回=の各氏。

 5人は、1日の民進党代表選で白票を投じたとみられており、前原誠司代表の下でも党勢回復は困難と判断したもようだ。

民進党離党ドミノ


 岸本氏は5日、和歌山市内で開かれた連合和歌山の会合で「(民進党は)解党による出直しが行われなければ離党する」と明言していた。別の議員の一人は産経新聞の取材に対し、離党を検討していることは認めたものの「意向はまだ固めていない」と語った。

 民進党は、今年4月に長島昭久元防衛副大臣が離党届を提出し、除籍処分となったほか、7月の東京都議選で惨敗してから細野氏ら4人が相次いで離党届を提出した。細野氏は離党を受理されたが、他の3人は除籍処分となった。


 前原新代表は8日、BS日テレで「蓮舫前代表の時から離党する、離党すると言っていた人がいた。皆それにおびえている。異常な政党だ」と自虐的に話していたが、この党の異常な性質は今に始まったことではない。二重国籍が分かっていて、それが党にどのような悪影響を及ぼすかを勘案できず、当時“人気者”だった蓮舫を代表に選出したことも、この党の異常さを物語る。民進党という政党は、何をすれば国民にウケるかしか考えていない。彼らは、国民にウケることが、選挙対策として最大のメリットだと思っているのだ。だから、ウケない代表は簡単に見限るし、選挙が危なければ党も捨てる。

 離党を噂される民進党議員らは、四の五の御託を並べるだろうが、離党のタイミングを見計らっていたのだろう。離党の言い訳に使える何かがあれば、それを奇貨とし、自分の離党の正当な理由として利用するのだ。連携の相手として噂される細野は、日本ファースト(仮称)と連携を模索している。細野から離党組に対し、常に連携に関する情報が入っていたとみて差し支えない。彼らは、日ファとの連携が「行けそうだ」と判断したから離党するのではないか。どこに属すれば再び議員バッジを付けられるか、それしか頭の中にないのだろう。志が低すぎる。

 仮にの話だが、日本ファースト(仮称)も、こういうネズミをことごとく拾っていたのでは、折角の小池色が濁ることを、そろそろ真剣に考えた方がよいかもしれない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/09/10 07:28 ] 政治 | TB(0) | CM(5)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: