私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2017年09月02日
月別アーカイブ  [ 2017年09月 ] 

東京新聞は平壌の出先工作機関か!

← 応援クリック、ありがとうございます。

 8月29日のバラエティ番組「ミヤネ屋」に出演したテリー伊藤が、「北朝鮮の立場からすると挑発してるのは米韓」「日本統治が北朝鮮に恐怖心を植え付けた」「北朝鮮の核は国防。侍の刀」などと、まるで平壌の広報担当のような発言をした。怒った百田尚樹氏は、伊藤を「クソボケ」と呼び、テレビ局の腐敗具合を拡散している。


 テリー伊藤は、全共闘の活動家時代から、まだ目覚めていないと見える。半世紀を経ても目覚めないなら、もう手遅れ。救いようがない。しかし、公共の電波で堂々と狂豚の肩を持ち、その立場を正当化するなら、それは「工作」のひとつと認定すべきだろう。百田氏が指摘する通り、工作員まがいのコメンテーターが何ら恥じることなく幅を利かせているのが、いまのテレビ局なのだ。

 同じことは新聞報道にも言える。東京新聞の望月衣塑子といえば、保守派では知らない人がいないほどの活動家である。Wikipediaで確認すると、彼女の誕生年は1975年だから、安保闘争とは無縁の環境で育っているはずだが、やっていることは全共闘と変わりない。望月の官房長官会見の荒らし行為は、記者クラブのサヨク記者の後押しを受け、エスカレートする一方だ。その望月が、北朝鮮のミサイル発射に関し、菅長官に噛みついているのだが、質問の内容は日本人の発想とは思えぬものだ。

望月衣塑子


「金正恩委員長の要求に応えろ」…!? 東京新聞記者が菅義偉官房長官にトンデモ質問 (産経)

 菅義偉官房長官の31日の記者会見で、米韓合同演習を批判し、弾道ミサイルを相次いで発射する北朝鮮を擁護するような質問が飛びだした。

 質問したのは、学校法人「加計学園」獣医学部新設計画をめぐって菅氏を質問攻めにした東京新聞の社会部記者。「米韓合同演習が金正恩朝鮮労働党委員長の弾道ミサイル発射を促しているともいえる。米韓との対話の中で、金委員長側の要求に応えるよう冷静に対応するように働きかけることをやっているか」と質問した。

 菅氏は「北朝鮮の委員長に聞かれたらどうか」と返答。東京記者は「北朝鮮側の要望に応えて、冷静かつ慎重な対応をするよう米韓に求めていく理解でいいか」と改めて迫った。

 東京記者はまた、北朝鮮が過去2回ミサイルを発射した前日にいずれも安倍晋三首相が公邸に宿泊したことを取り上げ、「前夜にある程度の状況を把握していたのなら、なぜ事前に国民に知らせないか」「Jアラートの発信から逃げる時間に余裕がない。首相動静を見て、(首相が)公邸に泊まると思ったら、次の日はミサイルが飛ぶのか」とも追及した。


 こんな低俗な記者の質問に答えなければならない菅長官が、お気の毒でならない。報道の名を借りたプロパガンダを流すメディアが多い中、この望月の異常な言動は突出している。いまや反政府活動家の広告塔的な存在となった望月だが、従来から質問の内容は安倍政権批判のためのネタ集めでしかない。


 特定秘密保護法が話題になっていたころ、東京新聞は確か「報道が委縮する」などと力説していたと記憶するが、その新聞が抱えるバカ記者が、それがデマであることを証明しているようなものだ。菅長官の「北朝鮮の委員長に聞かれたらどうか」という返しが十分かつ適当である。

 東京新聞のサイトを見てみると、東京新聞3つのポイントは、「地域のニュースが豊富」「真実がわかる新聞」「家計にやさしい購読料」だそうだ。少なくとも、2番目は誇大広告であるだけでなく、虚偽広告だ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/09/02 07:19 ] メディア | TB(0) | CM(14)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: