FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2017年09月

泥船沈没 ~ ねずみたちは、再就職を求めて希望の党へ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 朝鮮有事の際に大量に出るであろう「難民」。難民とは、政治的その他の理由により母国を逃れた人々のことを言うが、先日まで野党第一党と胸を張っていた民進党から、大量の難民が「希望」を求めて移動しようとしている。昨日、拙ブログでは、「希望の党という「第二民進党」の誕生」について書いたが、日替わり政局は民進党の事実上の解党にまで発展した。

 民進党は、昨日の両院議員総会で、党による衆院選公認候補は立てず、「希望の党」に合流する案を示し、満場一致で了承された。昨日のエントリーで「ごった煮の政党(民進党)は前原の方針に紛糾するだろう」と書いたが、その予想はまんまと外れた。ほとんど抵抗もなく、異論も出されず、満場一致ときた。民進党内でも最も左寄りのグループを束ねる赤松広隆でさえ、「与党と1対1の勝負に持ち込み、政権選択の選挙にすることは否定しない」と前向きな姿勢を示したというから驚きだ。小池は、民進党左派との合流について、「そういう方は、そもそも(希望の党に)来られないんじゃないか」と言っていたが、この牽制すら聞いていなかったはずはない。

民進党 両院議員総会


 大した紛糾もないということは、長年育てられた政党への未練なんぞ微塵もなく、再就職先に手もみ状態ですり寄るということだ。こういう手合いは、この先、希望の党が伸び悩めば、簡単に離れていくだろう。彼らの頭にあるのは、単に世渡りでしかない。

 ものはついで…ではないが、小沢も希望の党に合流するらしい。こちらの手勢も、安保法制は白紙撤回を主張してきたはずだが、再就職のためなら手の平を返す政治家が、国民の信頼を得られようはずがない。まだ仮の話だが、山本太郎と中山夫妻が並んで「ガンバロー」と拳を振り上げている光景を想像するだけで眩暈がしそうだ。

 どうやら、希望の党という小池新党とは、落ちぶれた政党所属議員の再就職先であるらしい。マーケットの信頼を無くし、経営破綻した民進党という企業が、新興勢力に吸収される。しかし、吸収する側はすべての社員を受け入れるわけにはいかないので、使えそうなヤツだけを選別し、拾うということだ。しかし、結局蓋を開けてみれば、社員の主力はその破綻企業の出身者だというわけだ。選別の段階で、破綻元で「会社の存続が第一」と言っていた社員は、「新社長が第一」という踏み絵を踏まされるのだ。

 この先、注目すべき点はふたつばかりある。民進党の潤沢な政党助成金の行方と、小池都知事の国政鞍替えだ。解党するのであれば、国民の税金で賄われた助成金は国庫に返納されるべきだろう。小池も、助成金というしがらみにまみれることはない。その小池は、現在は国政への鞍替えを否定している。しかし、10月5日の都議会閉幕を以て知事を電撃辞任し、国政に出るという噂は消えない。自民党にとっては、むしろその噂が現実になった方が戦いやすいのではないかすら思う。仕事を投げ出す人は、嫌われるものだから。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/09/29 07:06 ] 政治 | TB(0) | CM(19)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ