FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2017年08月21日

平和的解決とは、そのほとんどが「解決先送り論」である

← 応援クリック、ありがとうございます。

 北の黒電話は、日本、米国、南鮮への挑発的態度を、いまだに改めていない。「日本列島ごときは一瞬で焦土化できる」という恫喝はいまだに生きていのであり、それは北朝鮮が、日本の存続を脅かす脅威であることを意味する。しかし、国防に責任を持たないメディアは相変わらず呑気なもので、いまだに平和的解決をなどと、当たり前のことを具体性を持たずに主張している。

 外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会、いわゆる2プラス2が、トランプ政権になって初めてワシントンで開かれた。安倍政権で集団的自衛権にかかわる国家の方針が変わり、こういう会議も、以前とは比較にならないほど具体的かつ現実的な議論となっているようだ。とりわけ、グアムが北朝鮮のミサイル攻撃を受けた場合、集団的自衛権を行使できる「存立危機事態」にあたりうるとの考えを示した小野寺防衛相のことばは、米国では非常に高く評価されているようだ。日米同盟は、目に見えるかたちで深化している。

日米2プラス2


 そんな状況が面白くないのが、朝日新聞をはじめとする守旧反日メディアだ。朝日は19日の社説「日米2+2 外交の姿が見えない」で、このように書いている。

 懸念されるのは、発信されたメッセージの力点が軍事、とりわけ自衛隊の役割拡大に傾斜していたことだ。

 日本側の約束はいずれも自衛隊の能力強化と防衛費の拡大につながる動きだ。米国製の高額兵器の購入は、トランプ政権の求めに沿うものだろう。

 だが5兆円を超す防衛費のさらなる増額をどう考えるのか。ミサイル防衛の費用対効果は。国会での議論もないままに、対米公約だからと既成事実化を図っていい問題ではない。


 北朝鮮は、軍事的恫喝で日米を脅かしている。この場合、軍事的対抗手段を取るのは当たり前の話である。朝日新聞にない「国民の生命と財産を守る」という責務が、政府にはある。日本の防衛費は、世界第2位の軍事力を持つ中共、いまや核保有国となったであろう北朝鮮、加えて、何を考えているかわからぬロシアに囲まれた地政学上の観点からも、現状では少なすぎるのだ。

 政府による安保法の恣意(しい)的な拡大解釈の可能性を改めて示したと言える。このケースの迎撃は能力的にも困難で、実態とかけ離れた議論でもある。

 マティス米国防長官は今月、「戦争の悲劇は破滅的になる」と述べ、北朝鮮との軍事衝突が招く危険性を指摘した。

 その悲劇が起きるのは韓国であり、日本である。最終的には平和的解決をめざす以外の選択肢はない。


 朝日新聞が説く「平和的解決」とはなにか。さしづめ、朝日の場合、「軍事的衝突を回避し、話し合いで双方が歩み寄る解決」ということになるのかもしれない。朝日新聞がいったいどのような事態に陥った場合に、国防の手段としての軍事オプションを使ってよいというのかは、皆目不明だ。恐らく、彼らは座して死を待つのかもしれないし、自分らだけ安全地帯に避難し、「争いをやめろ」と叫ぶのかもしれない。

 しかし、国防とは、端的に言えば、脅威の除去である。勿論、軍事オプションは最後の手段ではあるが、逆に軍事オプションは絶対に使わないという国防など、現実的にあり得ない。現時点で日本が晒される脅威とは、核を含む北朝鮮からのミサイルであり、b日本が抱える特有の要素としての拉致被害者である。北朝鮮の軍事的脅威を除去し、拉致被害者を取り返す。この一点である。

 朝日が言うであろう「平和的解決」では、その場しのぎにしかならず、軍事的脅威の除去を先送りするだけだ。北朝鮮が国連決議を守るふりをして、実は核兵器開発を着々と実施し、今の脅威がある。そのことを蔑ろにして、平和など語れるはずがない。

 対話による外交で、北の脅威が除去できれば、言うことはない。だが、現実的には、その平和的解決論のほとんどは、問題解決の先送りでしかない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/08/21 07:08 ] 外交 | TB(0) | CM(10)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ