FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2017年08月17日

慰安婦の次は徴用工 ~ タカリをやめない南鮮への対処法

← 応援クリック、ありがとうございます。

 8月15日、戦没者追悼式で式辞を述べた安倍総理に対しては、反日メディアが「アジアへの加害に関する言及がない」と、一斉にクレームを付けた。支那や南鮮にとって、日本は永遠に加害者でなければならないため、それらの国の工作機関である反日メディアがマッチポンプ役を引き受け、その火を燃やし続けるのである。

 南朝鮮の同じ8月15日は、日本統治からの解放を祝う「光復節」という設定になっている。一部では「対日戦勝記念日」としている捏造派もいるようだが、まぁ祝うのは勝手である。嘘で塗り固めた自国の歴史は、そう簡単に修正できるものではない。まして、反日全体主義の南鮮という国が、その主義に反する歴史的事実を受け入れることなど、不可能に近い。そもそも、歴史的事実は自分らの都合のよいように書き換えることができるというのが、彼の国の不文律でもあるのだ。

 文在寅は、光復節の記念式典で演説し、これもまた好き放題の妄言を連発した。

「ロウソク集会から生まれたため市民の気持ちを無視できない」

「歴史問題にけじめをつけたときに両国間の信頼がより深まる」

「これまで日本の政治家や知識人らは過去と日本の責任を直視しようと努力し、韓日関係の未来志向的な発展に寄与してきた。こうした歴史認識が日本国内の政治状況によって変わらないようにしなければならない」


 文在寅は勘違いしている。歴史認識を変えたのは、安倍政権でも、日本の政治状況でもない。歴史認識を変えた張本人は、大親韓派の朝日新聞なのである。朝日が誤報を取り消し、慰安婦強制連行という捏造の歴史が明るみに出た時、日本人の認識は大きく変わった。その上に締結されたのが、慰安婦に関する日韓合意なのだ。

 文在寅がどれだけ慰安婦問題の蒸し返そうとしても、国家間条約に準ずる合意がある以上、そして今でも南鮮の後見人である米国がこの合意の遵守を求める以上、限界がある。慰安婦をモデルにした、あの気持ち悪い人形をソウルの路線バスの一部に設置したことも、500体の慰安婦ミニチュア像をソウルの路上に設置したことも、文在寅は「国民感情」と言うのだろう。だが、その感情を鎮めるのが大統領の役目であり、仕事をさぼりつつ、日本側に何かエクストラを期待するのは、お門違いというものだ。

 慰安婦というカードが効力を失いつつあるいま、彼らが新たな対日カードとして利用しようとしているのが、いわゆる徴用工問題だ。文在寅は式典で、慰安婦に徴用工を追加し、「人類の普遍的価値と国民的な合意に基づく名誉回復と補償、真実究明と再発防止の約束という国際社会の原則がある」と、新たなタカリを宣言した。それに呼応するように、労組系の市民団体が、ソウルと仁川で徴用工を象徴する像の除幕式を実施した。慰安婦像に加え、徴用工像という新ネタの、本格的利用開始だ。

 南鮮では、彼の国の映画と音楽業界を支配するCJエンターテイメントという巨大企業が肝煎りで製作した「軍艦島」という映画が封切りされた。が、映画の中の捏造以前に、宣伝に使った鉱夫の写真が朝鮮人ではなく日本人だということが明らかになり、物議を醸しているという。

軍艦島の誤用写真軍艦島の誤用写真


 日本統治時代の残酷な強制連行を教育、宣伝するために、テレビや書籍で繰りかえし使用されてきた写真というが、産経新聞が福岡県筑豊炭鉱の写真だと突き止め、南鮮の宣伝マンも誤用を認めて謝罪している。

 ただ、反省しない彼らはこのような誤用はすぐに忘れ去る。もう関わり合いたくもない国家だが、彼らがタカリをやめることをしない以上、日韓基本条約と請求権協定で、すべて解決済みと撥ね付け、彼らの新たな創作については徹底的に反論するしかないだろう。対処法はシンプルで、それ以外にない。本当に厄介な国であり、民族である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/08/17 07:09 ] 外交 | TB(0) | CM(8)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ