FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2017年07月18日

鮫島浩という、朝日新聞を象徴するバカ記者について

← 応援クリック、ありがとうございます。

 朝日新聞に鮫島浩という記者がいる。朝日が、社のエース級を集めた特報部を新設したとき、デスクに据えた人物である。高山正之氏によると、この鮫島という記者はあの菅直人とツーカーの仲で、国会の質問も代筆していたという、まさに腰巾着的な存在だという。

 その鮫島のツイッターが、保守派のなかでウォッチリストに入っている。例を挙げよう。北朝鮮のミサイル発射で東京メトロ他が電車をストップさせたとき、鮫島は「政権の意向は働いていないのか、それとも忖度か。電車を止めるまでの隠された真実に迫るのが報道の責務だ」と書いている。政権を批判したくて、鉄道の安全確保対策にまで因果関係を求める無様さに、眩暈を覚えた。鮫島はほかにも、稲田防衛相の靖国参拝を批判し、こうツイートしている。


 このツイートには、朝日新聞流の歪曲、こじつけが隠されている。まず、領事館前の売春婦像設置と稲田氏の靖国参拝の間には、なんの因果関係もない。それを同列に並べて論ずること自体が間違いだ。加えて、「あっちで設置したのは市民団体」というが、それを黙認し、日韓合意違反をしているのは、他ならぬ青瓦台なのだ。

鮫島浩


 鮫島という記者は、頭のねじがどこかに飛んでしまっている。今度はこう来た。


 鮫島は、どうやら、森友、加計の問題が出てくる以前は、安倍政権に対する不支持が表明できない重圧感がある社会だったと考えているらしい。しかし、それは鮫島の捏造だろう。仮に、本気でそう思っているなら、記者失格だ。

 安倍政権の不支持が増えたのは、不支持を表明できない重圧感がある社会だったからではない。朝日新聞をはじめとする守旧左派メディアが紙面や電波を総動員し、真実を追うことを拒み、ひたすら安倍叩きのためにネガティブキャンペーンを張ったからである。それ以外に理由はない。

 重圧感などない。各所で共産党系を中心に反安倍デモを敢行したり、鉄道の駅周辺でビラ配りをしたりと、反安倍派はいつもと変わらずお盛んである。新聞にもテレビにも、重圧感など欠片もなく、日夜せっせと安倍政権批判を繰り広げており、息苦しさなど微塵もない。そもそも、「安倍内閣を批判するとアベシンパから攻撃される」というが、鮫島自身がそれを「反論」「批判」とは取れず、「攻撃」と捉えること自体に問題があるのではないか。報道が間違っていたり、問題があるから批判されるのである。新聞にとって、自社が誘導できる読者層だけが相手だ、という時代ではないのだ。

 たかが新聞記者が、日本社会の健全・不健全を決めるなど、思い上がりも甚だしい。日本社会は概ね健全である。が、朝日新聞のような亡国メディアが、数々の捏造、歪曲報道が過去ありながら、それでも印象操作をする一定の力を持ち続けている実態は、極めて不健全である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/07/18 07:07 ] メディア | TB(0) | CM(13)
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ