FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2017年07月10日

ポスト安倍候補たちの頼りなさ ~ 安倍一強は必然である

← 応援クリック、ありがとうございます。

 東京都議会選で自民党が惨敗して以来、安倍総理への風当たりが強まるとともに、メディアがポスト安倍の最有力と見做す石破茂氏の露出が多くなってきている。野党第一党が話にならないほど無力であるいま、安倍政権の弱体化を促すには、身内からの攻撃が最も効果的とみているのだろう。

 そういう機運に乗り、石破氏は、発言や表現そのものには刺激性を持たせないものの、チクリチクリと安倍総理への批判を繰り返している。都議選敗戦を受け、「自民党に対する反感みたいなものがあった」と政権への反発を示し、安倍総理が提唱した憲法改正案についても、過去に党内でまとめた自民党改正案を蔑ろにする動きを批判している。

 正直なところ、憲法改正案についての私のスタンスは、どちらかというと安倍総理より石破氏に近い。安倍改憲案は「加憲」といえるもので、国家主権の自主的な制限である9条2項の「交戦権の否定」が残る限り、私は安倍改憲案を支持しない。難しいのは、そういう理想と国民投票という現実を天秤にかけたとき、改憲を現実のものとするためには国民投票で勝てる案をどう作っていくかということだ。そのような現実的な見地において、安倍改憲案は絶対に「失敗できない」状況を突破するという意味で、十分検討に値すると思われる。

 石破氏は、次期総裁選への意欲を隠していない。派閥のパーティーでも、「未来永劫続く政権は絶対にない。そのとき、自分はその任にあらずと言うのは自己保身だ」と意欲を示し、田原総一朗はパーティーの壇上で「今の自民党で安倍さんに対して文句を言えるのは石破茂だけだ」と持ち上げて見せた。明らかに、都議選での自民敗北を潮目と見ている。首相を目指す政治家の嗅覚というのか、閣外に出て自由に発言できる立場を最大限に有効活用し、自身のプレゼンスを示していくのが作戦なのだろうと思われる。

 だが、ことは石破氏の思惑通りに動いているわけではない。都議選に敗北したとはいえ、安倍総理の人気はまだ衰えているわけではないのだ。石破氏が出演したみのもんたのネット番組「よるバズ」では、視聴者からのアンケート結果で次のようなものが出ている。

よるバズよるバズ


 石破氏は、この結果を見て、「選挙とどうしてこういう数字が違うんだろう…」とボヤいてみせた。そして、「すべては選挙で決まる。世論調査が決める政治はないんですよ」と発言している。

よるバズ - 石破茂


 石破氏の「政治は選挙が決める」は正論だ。しかも、これもネットのアンケートであるから、正確な世論を反映しているわけではないという注釈もつけるべきだろう。ただし、民進党が受け皿と見做されなかった都議選と同じように、安倍一強が変わらないという意見が意味するのは、ポスト安倍があまりに駒不足だからではないか。自民党内で安倍批判の受け皿となるのは、ポスト安倍の有力候補であるはずだが、その最有力の目される石破氏の目の前で示されたアンケート結果は、即ち、石破氏への期待が薄いということの証左である。

 石破氏は、都議選の最中も、森友、加計、稲田不規則発言、下村献金疑惑などで自民党に逆風が吹く中、政権を批判するような発言を度々していた。自民党惨敗を後押しするような発言に、眉をひそめた支持者も多かっただろう。自民への逆風を抑えるのではなく、逆に煽った石破氏への嫌悪感は、自民党議員の中にも、有権者の中にもしっかりと残るはずだ。

 野田聖子など論外だが、ポスト安倍と目される石破氏にも、岸田外相にも、一国の宰相となるべき器の大きさは見られない。いまのところ、安倍一強を揺るがす存在ではないだろう。今のところ、安倍一強は必然である。もっとも、私個人は「安倍一強の何処が悪いのだ」と言いたいほうのクチなのだが。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/07/10 07:07 ] 外交 | TB(0) | CM(20)
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ