FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2017年06月19日

再び減少した民進党の支持率 ~ 通常国会で闘争も、国民に響かず

← 応援クリック、ありがとうございます。

 通常国会が閉幕した。150日の会期で、最も注目を浴びたのは改正組織犯罪処罰法だろう。昨年の天皇陛下のご譲位発言を受け、天皇のご譲位に対する特例法も焦点のひとつだった。これらふたつのイシューは、ご譲位特例法に「女性宮家の検討」という無駄で危険な付属物がついたものの、無事に成立した。しかし、打倒安倍政権に執着する野党が政局のみの目的で持ち込んだ「森友学園問題」「加計学園問題」というふたつの“どうでもよい”イシューで混乱し、150日の会期の多くが無駄に消費された「度し難き税金の浪費」であったこともまた事実である。

 通常国会召集の直前、文科相の天下り問題が露呈した。早速蓮舫は、「久しぶりに分かりやすい天下りの問題が出てきた。徹底的に取り組んでいきたい」と、願ってもない餌に涎を垂らすような発言をしていた。それが、その天下り斡旋の責任者であった前川が、「総理の圧力」を告発した途端、追及する対象だった前川がヒーローに変貌する。これが、倒閣のためなら何でも利用する、政局しかない政党の正体だ。

 いま、メディアのほとんどが反安部色を鮮明にする。TBSのサイテーモーニングやNews23は言わずもがなだが、報道ステーションが醜悪だ。この番組では初めてではないが、板塔婆にも似たものを立て、視聴者を印象操作する演出を施している。

報ステ


 この番組の製作総指揮者である報道局ニュースセンター、エグゼクティブプロデューサーの若林邦彦は、いまやテレ朝ホールディングスの役員待遇である。役員がこういう悪辣な、怨念すら感じさせる印象操作や偏向を容認するのだから、局ぐるみの倒閣運動ともいえるだろう。

 このように、メディアは総じて、反安部で統一戦線を組んでいる。政治の世界においては、メディアから最大の支援を得ているのが野党であり、その代表が民進党だ。当然ながら、視聴者の民進党への期待は増えるはずである。しかし、果たして実態はどうか。

 民進党が結党した直後の昨年4月に時事通信が発表した世論調査結果では、同党の支持率は4.2%と、ご祝儀相場すら獲得できなかった。ちなみに、この時の内閣支持率は45.3%である。今通常国会の開幕時である今年1月の民進党支持率は、4.4%である。昨年3月の民進党結党、150日の通常国会という長丁場を経て、この支持率はどう変わったか。

 時事通信が今月16日に発表した調査では、内閣支持率は減少しながらも45.1%、民進党の支持率は4.2%である。つまり、内閣支持率も民進党の支持率も、昨年3月の民進党結党時と全く同レベルなのだ。

政党支持率(2017年6月)


 安倍政権の支持率は4カ月連続の減少となっている。2月度の支持率は53.4%だから、その時点から8.3ポイント落としていることになる。しかし、これだけメディアが総がかりで反政権報道を執拗に続ける中で、いまだしじりつが45%あること自体が驚きだ。新聞やテレビで見る限り、政権批判はあっても、政権を擁護するようなものにはほとんどお目にかからない。

 そういう状況で、民進党の支持率がむしろ下落する傾向にあるのは、彼らがメディアのバックアップを受けても、政権批判だけの団体と思われているからだろう。国民の側の心理に、支持するだけの理由も動機も与えられないから支持を得られないのだ。つまり、反安部のシンパシーは得られたとしても、積極的かつ自発的な支持には結びつかないのだ。民意に敏感な政治家であれば、このようなメカニズムはとっくの昔に気づいているはずだが、彼らが変われないのは、彼らの中に反自民、反安部以外は何もないからではないか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/06/19 07:08 ] 政治 | TB(0) | CM(14)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ