FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2017年06月15日

国連報告者を操る反日活動家たち ~ 諸悪の根源は自国を貶める日本人

← 応援クリック、ありがとうございます。

 民進党ら野党は、昨日の組織犯罪処罰法改正案をめぐる参院議院運営委員会で、山本順三委員長の入室を阻止しようと、「女の壁」作戦を展開したという。昨年の安保関連法の参院審議の際、女性議員の体に手を掛けて退けさせようとすると「セクハラだー」と叫ぶアレである。こういう性を使った姑息な作戦は、逆に女性の側から嫌悪感を持たれるのではないだろうか。やっていることは性の安売りなのだから。

 そういう女性の権利を含む人権とか自由を、サヨクは好んで取り上げ、弱者の味方を装って活動する。彼らは弱者保護を標榜するが、そのためには、自由や権利を弾圧する側の存在が必要だ。これは、市民運動でも政治でも同じだ。民進党などの野党は、安倍政権があたかも独裁者であるように批判する。だが、彼らは審議妨害や議会運営に対する遅延行為など、政治家としての職務を全うしていない。市民運動も同じように、安保法でも特定秘密後補法でも組織犯罪処罰法改正案でも、現政権が自由と民主主義を弾圧しようとしているが如きデマを流布する。彼らは、一部の自称弱者を守るために、国家全体を弱者にすることすら厭わないのだ。やっていることは活動であるから、国家に対する責任もない。

 デヴィッド・ケイという、国連人権理事会の特別報告者なる人物が、極めて杜撰で嘘がちりばめられた調査結果を報告した。この人物を日本に招待したのは菅直人政権だったという。ケイは、「日本政府が直接間接にメディアに対して圧力を掛けている」などと、どこを観察したのかわからぬ報告を行い、ご丁寧に沖縄や慰安婦を教科書に書けとか、沖縄反基地運動をバックアップするようなことまで報告書に盛り込んだという。

デビッド・ケイ


 国連の報告者といえば、「日本の女子生徒の13%が援助交際に関わっている」という桁外れのバカ発言をしたマオド・ド・ブーア=ブキッキオが記憶に新しいが、こういう報告は単に彼ら報告者が反日的であることだけでは説明がつかない。誰かの振り付けが必要なのだ。デヴィッド・ケイの場合、それは、エセックス大学人権センターフェローという肩書を持つ、藤田早苗だと言われている。

藤田早苗
藤田早苗


 藤田のFacebookには、人権派サヨクが鏡と崇めそうな活動報告が綴られているが、いわゆる国会前で雄叫びをあげているサヨク連中の国際版で、活動の重心は国連にあるようだ。藤田はFacebookの中でデヴィッド・ケイと頻繁に接触していることを記している。先般のケイの来日も、藤田がお膳立てしたものだったというから、かなり密接な関係にあるのだろう。朝日新聞など、「藤田さんは、「政府・与党による報道関係者への圧力」を懸念する報告書をまとめた国連特別報告者のデービッド・ケイ氏(米カリフォルニア大)の調査に協力し、情報も提供してきた」と、礼賛kとネタばらしを同時に行っている。

 例えば、福島瑞穂の事実婚の旦那である海渡雄一のように、日本は人権侵害国であるかのような説を、国連まわりでせっせと耳打ちする者もいる。そういう海渡や藤田のような人物らのロビー活動によって、人権サヨクの視点がケイのような人権派を洗脳し、報告書に記されるのだ。日本に対して自由や民主主義を守れという提言や報告書が出る場合、その報告者の背後には、海渡や藤田のような振付師がいるのである。

 デヴィッド・ケイの報告書には、「日本政府が直接間接にメディアに対して圧力を掛けている」と書かれている。だが、昨日の永田町の騒動を受け、新聞もテレビも思う存分、安倍政権を批判している。政府からの圧力があるとすれば、「安倍政権に批判的なことを書かないと許さないぞ」というものとしか取れない。沖縄の反基地運動にも言及しているが、ケイ自身は沖縄を訪問したこともなければ、今後も予定はないそうだ。

 デヴィッド・ケイは、ただの反日活動家御用達の広報・宣伝担当者と認定して差し支えないだろう。彼のような人物を動かしているのは、反日日本人なのだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ