FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2017年06月12日

森友問題で国会の時間を空費させたのは、政府ではなく、野党や左派メディアだ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 朝日新聞が、性懲りもなく、既に下火になった森友学園問題に固執している。政府のせいで、国会の2日分の貴重な時間が空費されたというミスリードの記事を掲載し、悦に入っているのだ。

確認拒否に誤説明…政府、12時間を空費 森友問題審議 (朝日)

 学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却問題や「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設問題の追及が続く今国会。このうち、先に浮上した森友問題の審議で、政府が事実関係の確認を拒んだり事実と異なる説明をしたりしたため、少なくとも12時間が空費されたことが朝日新聞の調べでわかった。

 12時間は国会審議の2日分に相当する。政府は「何十時間、こればかり質問している」(安倍晋三首相)と言って野党の姿勢を批判していたが、むしろ野党の指摘や追及に正面から向き合わない政府の姿勢が論戦を空疎にしている実態が浮き彫りになった。


確認拒否に誤説明…政府、12時間を空費 森友問題審議


 あまりにバカバカしい記事なので、これ以外は割愛するが、朝日の記事は、ある一点の前提がないと価値がないということだろう。ではその前提とはなにか。それは、森友学園問題なるものが国会で議論するに値するイシューであるということだ。

 森友学園で、朝日のような左派メディアが最も問題視し、取り上げ続けたのは、土地の不正な価格での入手ではなく、安倍総理から昭恵夫人を経由しての100万円の寄付疑惑だろう。しかし、この問題が国会で取り沙汰されるようになって久しいが、野党も左派メディアも、寄付を裏付ける真っ当な証拠を提示できていない。論拠は籠池理事長の口述のみだが、そんなことで総理の責任を追及しても、堂々巡りの域を出ない。つまり、野党も左派メディアも壁にぶち当たり、その壁を越えられないがために、こういう印象操作的な記事を出すのである。

 朝日の前提 ―― 森友学園問題が国会で議論するに値するイシューである ―― というのは、単に反安部勢力の言い分である。しかし、寄付以外の土地取引の問題にしても、それは単に大阪ローカルの土地売買手続きに瑕疵があったか否かで論ぜられるべきで、国会で議論するテーマとしては相応しくない。つまり、反安部勢力以外にとってみれば、国会の貴重な時間を空費しているのは、この問題に固執する野党や朝日のような存在なのだ。

 忖度ということばは、今年の流行語大賞にノミネートされるだろうが、「忖度が問題だ」と言うのは、事案に違法性がないという結論の裏返しである。違法性がないことをくどくどと議論するのは、組織犯罪処罰法案等の重要案件に時間切れを発生させる意図もあり、また、北朝鮮問題を隠すための目くらましとの疑いすらある。朝日は、「空費」の意味を改めて確認すべきではないのか。

 朝日は記事の締めに、五野井郁夫という高千穂大教授を登場させ、こう言わせている。

 民主主義論に詳しい五野井郁夫・高千穂大教授(政治学)は「国民を代表する国会議員の疑問に対して、誠実に答えるのは民主主義における政府の最低限の義務だ。それをしないのは、国民を馬鹿にしていることと同じ。加計学園の獣医学部新設問題などにも通じる姿勢だ。官僚と一緒になって居直ることで、国民に『これ以上質問しても無駄だ』と諦めさせようとしているようにみえる」と政権の姿勢を批判する。


 この五野井郁夫は、Wikipediaによれば、有田芳生らとともに反レイシズム団体の賛同者に名を連ねる人物で、記事のバランスは著しく悪く、単に政府を批判するためのキャスティングだろう。もう少しインパクトのある人物を登場させた方が、記事のデマっぷりが増幅されると思うのだが、“あちら側”もかなりの人材不足ということか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/06/12 07:09 ] 政治 | TB(0) | CM(11)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ